[イベント]2011.6.2

サポート精神

ビールを愛する形は色々ある。
飲む、が一番一般的な愛し方だと思う。
集める、も一つの形。
見る、これは面白いのかも知れないが酔えないね。
浴びる、まあ野球の優勝シーンで見る光景。
数えきれない愛し方があるだろう。

アメリカではもう一つ、愛してるんだったら入れ墨だろう!がある。
Tattoo。一回入れたらそうそう消す事は出来ない。
ビールのブランドをTattooしたら、相当そのメーカーが好きなんだろう。
そのブランドと生きて行く覚悟?みたいなものがあるはずだ。
その会社がつぶれたらどうするんだろう?なんて野暮な事を言ったらいけない。

今の時代Googleで検索するといっぱいでてくる。
例として下記の検索方法で画像が見れる。
Tattoo Brewdog
Tattoo Arrogant Bastard
メーカーによってはまとめてくれてるとこもある↓
http://craftedsocialmedia.com/2011/05/12/arrogant-bastard-tattoos-marked-for-life/

会社としては嬉しいはず、それだけサポートしてくれてるコアなファンが
いるなんてすごい事だから。
実際アメリカのバーでは普通に見かける。
ビールの愛し方はそれぞれだが、アメリカのビール愛は世界でも相当だ。

アメリカビールの情報は
twitter : craftheads
飲むなら : http://craftheads.jp/


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。