[イベント]2011.6.6

発泡酒の未来

 城端ビールが限定醸造した「和(なごみ)」を飲み、「節税型発泡酒」におけるひとつの”答え”を見た気がする。
 黒米を使ったこの発泡酒は、今まで大手メーカーが造ってきた発泡酒とはまったく違った進化系である。

 ビールの歴史を遡ってみると、酒税と醸造家の攻防をいくつか見ることが出来る。
 その中で最も興味深くかつ有名な話は、アーサー・ギネス氏による「ポーターからスタウトへの進化」だ。
 当時、酒税が麦芽に掛けられていたため、ギネス氏はロンドンで流行していたポーター(注1)というビールを『麦芽化されていない大麦を直接焦がし』て使い、『スタウト(強い)ポーター』を創り上げた。
 このビールは、苦みと芳ばしさが強調され、色も真っ黒になり(注2)、ポーターをしのぐ人気ビールとなった。その後、スタウトはポーターから完全に独立したスタイルとなり、現在も世界各国で飲まれている。
 アーサー・ギネス氏は節税とともに”スタウト”という新たなビア・スタイルを構築したわけである。

 今まで、日本の大手メーカーが造る節税型発泡酒に課せられたは、『どのようにすれば、ピルスナーのような色と香りと味わいの発泡酒を造ることが出来るか?』だった。
 『節税型発泡酒』は『ピルスナーの安価な代用品』という発想に他ならない。
 大手ビールの醸しだす発泡酒は技術的に非常に高度であり、その完成度は素晴らしいことは高く評価したいが、ピルスナーの呪縛から逃れ切れないラビリンスに迷い込んでいたことも否めない。

 城端ビールは「和(なごみ)」、そんな”呪縛”からみごとに解き放たれた逸品である。
 発泡酒は新たなビア・スタイルを生む可能性がある広大なフィールドである。
 「和(なごみ)」の濁りある液色、鮮烈なホップのアロマとフレーバーは『発泡酒は、まがい物のピルスナーではない!』と語っている。
 それは、発泡酒におけるひとつの”答え”であり”提案”に違いない。
 今後も、発泡酒に注目し、期待したい。

(注1:ポーターは、ペールエール、ブラウンエール、古くなったブラウンエールのブレンドビールの味わいを再現したビール) 
(注2:今でこそ、ポーターといえば真っ黒なロブスト・ポーターが主流だが、発祥当時のポーターは褐色だった。その伝統はブラウン・ポーターとして残ってはいるが、今や少数派だ)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

001藤原 ヒロユキ

この記事を書いたひと

藤原 ヒロユキ

ビール評論家・イラストレーター

ビアジャーナリスト・ビール評論家・イラストレーター

1958年、大阪生まれ。大阪教育大学卒業後、中学教員を経てフリーのイラストレーターに。ビールを中心とした食文化に造詣が深く、日本ビアジャーナリスト協会代表として各種メディアで活躍中。ビールに関する各種資格を取得、国際ビアジャッジとしてワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル、チェコ・ターボルビアフェスなどの審査員も務める。日本外国特派員協会会員。ビアジャーナリストアカデミー学長。著書「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎刊)は台湾でも翻訳・出版されたベストセラー。近著「BEER HAND BOOK」(ステレオサウンド刊)、「ビールはゆっくり飲みなさい」(日経出版社)が大好評発売中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。