[イベント]2011.6.7

イタリアン・クラフトビール

イタリアはワイン文化の国として長い歴史を重ねてきましたが、近年はベルギーやアメリカンクラフト・ビールの影響を強く受けた小規模醸造所が台頭してきています。

6/9(木)の麻布十番「憩 ikoi 」における「藤原ヒロユキ セレクションビール DAY」では、そんなイタリアのクラフトビールを紹介します。

今回は、ミラノとパルマの中間に位置する「ビリフィッチオ・デ・デュカット醸造所」のビールを3種類選びました。
どれも日本初入荷の非常に珍しいビールです。

6/9(木)のビア・リストは以下の通り。販売は午後6時から。
●ヌォヴァ・マッティーナ(セゾン)
●ヴェルディ・インペリアルスタウト(インペリアルスタウト)
●ヴィア・エミリア(ドライホップド・ペールラガー)

また、前回のセレクションの
●エリザビーザン・エール(ハーヴェイ&サン):イングランド        
●ライブツェガー・ゴーゼ(バイエリッシャー・バーンホフ醸造所):ドイツ 
●レッドエール(ポーターハウス醸造所):アイルランド          
3種類も本日(6/7)再入荷しています。

なお、今回のビールもまた、数量限定のため「売り切れ御免」とさせていただきます。
お店もキャパ20人程度なので、満員の際は御了承ください。
お問い合せ、御予約は03-6435-4145までお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

001藤原 ヒロユキ

この記事を書いたひと

藤原 ヒロユキ

ビール評論家・イラストレーター

ビアジャーナリスト・ビール評論家・イラストレーター

1958年、大阪生まれ。大阪教育大学卒業後、中学教員を経てフリーのイラストレーターに。ビールを中心とした食文化に造詣が深く、日本ビアジャーナリスト協会代表として各種メディアで活躍中。ビールに関する各種資格を取得、国際ビアジャッジとしてワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル、チェコ・ターボルビアフェスなどの審査員も務める。日本外国特派員協会会員。ビアジャーナリストアカデミー学長。著書「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎刊)は台湾でも翻訳・出版されたベストセラー。近著「BEER HAND BOOK」(ステレオサウンド刊)、「ビールはゆっくり飲みなさい」(日経出版社)が大好評発売中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。