[イベント]2011.6.10

Craft Beer @ Ho Chi Minh City

ベトナムクラフトビール

前回のコラムでは、ベトナムのホーチミンシティで味わったビールを紹介した。ベトナム国産ビールは気候に合わせてサッパリしてるだろうな、までは想定の範囲内。が、私の予想だにしなかったものが、ホーチミンにもに存在したのだった!!!

それはマイクロブルワリーによるクラフトビールだ。本格的なチェコビールやドイツビールを造るブルワリーが、自社のビアホールで出来たてを提供する。…ということを、たまたま市内で手に入れた日本語版タウン情報誌『at saigon』で知った。というか、巻頭でどーんと特集が組まれてあった。さすが熱帯気候のホーチミン、日本よりもビアホール特集を組むのが早いぜ。日本で発行されているガイドブックや、Webでの検索では見あたらなかった(というか、ハナからないと決めつけていたので本気で探していなかった)ので、かなりうれしい誤算です。

実際に向かったのはホーチミンの繁華街にドーンとある「LION」。カラヴェルホテルの隣に位置する、ライオンブルワリー直営のビアホールだ。着席で200人は入れそうな広々としたスペース、壁際にはドイツビール会社や都市の紋章をあしらったタペストリー、そして銅色に光る大きなビールタンク。ビアホールの王道を行く内装は、「銀座ライオン」を思い起こさせる。

こちらで用意しているクラフトビールは、黄金色の「ラガー」(Alc. 5.5%)と褐色の「ダークラガー」(Alc. 5.5%)。ここまで来たら言うまでもないがドイツビールの製法で作られているため、原材料は大麦とホップのみだ。

先にダークラガーを頼んでみた。泡がきめ細かくて持ちもよい。カラメルがほんのり香り、口に含むと思った以上にアタックは強くない。ほどよいコクと芳ばしいモルトの香りを愉しみながら、スルスル飲めてしまう美味しさだった。飲み干すと同時にもうひとつのラガーを注文。先にダークラガーを飲んでしまったために物足りない印象になってしまった(反省)が、大手のラガーに比べて味わいが複雑でコクもある。

実はホーチミンのレストランは、あるものを必ず見かけていたのだった。それはベルギービールだ。国産ビールの4、5倍くらい高値ではあるが、大抵の場合レフやシメイは必ずと言っていいほど置いてある。

*価格は国産ビール缶がおおむね2万5000ドン(約130円)、LIONのラガー300mlが3万ドン(約150円)、LIONに置いてあるヒューガルデン330mlボトルが10万5000ドン(約530円)
余談だが、銀座ライオンと言えばサッポロの直営店。で、ホーチミンのLIONにもしっかり日本のサッポロを用意していたのでした。

【SHOP DATA】
■LION(ライオン)
Address:11-13 Lam Son Square, Dist.1
Tel:(08)3827 5944

「at saigon」では、ほかにもクラフトビールが楽しめるホーチミン市内のブルワリーやビアホールを紹介している。以下に情報の一部を公開しよう(編集部の許可をいただいています)。

【SHOP DATA】
Lan Anh(ランアン)
Address:291 Cach Mang Thang Tam St., Dist.10
Tel:(08)3862 7419
マイクロブルワリーが運営するレストランとビアホール。フィットネスセンターやテニスコートなどのある複合施設「ランアン」敷地内。チェコのラガー、ダークラガーを用意する。

【SHOP DATA】
Bia Tuoi Tiep(ビアトゥオイティエップ)
チェコのラガー、ダークラガーが楽しめるブルワリー/ビアホール。ダークラガーはat saigon編集部で「ほんのりした甘みとまろやかな口あたり」で、女性でも飲みやすいと紹介している。

【SHOP DATA】
Hoa Vien(ホアヴィエン)
ハノイやムイネーにも支店があるビアホール。大麦、ライ麦、ホップが原料のダークラガーが美味との噂。ほかにラガーも。1L(?)のボトルも販売している。日本人街のスーパーで確認できた。

【SHOP DATA】
Maxim’s(マキシムズ)
Address:4 Le Dai Hanh St., Dist. 11
Tel:(08) 6264 2800/6264 2801
超ローカル中華&ベトナム料理店が提供する自家製ドイツビール。ラガー、ダークラガーの2種。ハーフ&ハーフも用意。

■媒体情報
「at saigon」
問い合わせ先メールアドレス:saigon@at-vn.net


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

003 野田 幾子

この記事を書いたひと

野田 幾子

ビアジャーナリスト/ビアアンバサダー

94年にベルギービール、96年に国産地ビールの美味しさに目ざめ、ビアアンバサダー活動を開始。2007年にビアバー・ビアパブムック『極上のビールを飲もう!』(エンターブレイン刊)の全体構成、執筆、編集を皮切りに、ほぼ毎年シリーズを刊行。雑誌でのクラフトビール特集の執筆/監修、共著、講習、イベント企画など多数。
食のキュレーションサイト「ippin」でクラフトビールキュレーターを務める。
http://r.gnavi.co.jp/ippin/curator/nodaikuko/

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。