[イベント]2011.6.22

ベルギービールのカタカナ表記(2)

オランダ語フラマン語ベルギービール

ベルギービールのカタカナ表記(1)の続きです。
今回は具体的な例(自社の直輸入商品で)を挙げてご紹介します。

■Brugse Zot⇒ブルッグス・ゾット

現地ではブルッフュスまたはブルッフスのように発音します。(そのように聞こえます)
ただこのgがくせもので音声学的には摩擦音という発音になります。
「ブルッフュス」とも「ブルッフス」とも「ブルックス」とも「ブルッグス」とも聞こえますし、地域によってもその発音の仕方に差があるため、カタカナ表記を決めるのに大変苦労しました。
Brugseは「Bruggeの」という意味ですが、この地名も日本人には現地発音の「ブルッヘ(これも単なる”ヘ”という発音ではありません)」ではなく、「ブルージュ」として知られていることを考え、発音の似ている「ブルッグス」という表記にしました。

■Slaghmuylder⇒スラッグムルダー

これも上記のブルッグス・ゾットと似ています。
現地ではスラッフムルダー、スラッフミュルダー、スラッグムルダー、スラッグミュルダーのように発音します。(そのように聞こえます)
日本人の発音のしやすい、スラッグムルダーを採用しました。

■De Ryck⇒デ・ライク

現地では「ドゥ・レイク」のような発音をします。
私もベルギーでは「ドゥ・レイク」と言っています。
ただこの醸造所は、多くのベルギービールファンが読んでいると思われる、「マイケル・ジャクソンの地ビールの世界」のゴールデン・エールの項に登場しており、すでに「デ・ライク」と和訳されていることから、整合性があってわかりやすいのでは、という意図からあえて「デ・ライク」という表記にしました。

■Dubbel・Tripel⇒ダブル・トリプル

これもベルギービールにはよく使われていますね。
現地では「ドゥベル」「トリペル」のように発音します。
ただ「ドゥベル」の発音について、日本人にはbとvの発音の仕方に区別が無いため、ベルギービールの銘柄にもある「Duvel」と混同しやすいこと、またこれまで輸入されているベルギービールには「ダブル」「トリプル」という表記がつけられすでに定着していると考えられることから、当社でも「ダブル」「トリプル」という表記にしました。

なかなか面白くないですか?
このお話は次回でおしまいにしたいと思います。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

この記事を書いたひと

三輪 一記

一般財団法人 日本ベルギービール・プロフェッショナル協会 代表理事

1967年、名古屋市生まれ。
1990年、関西大学商学部卒業。26歳のときにベルギービールと出会い、以来ベルギービールを愛し、仕事でというよりライフワークとしてベルギービール普及に情熱を傾け、毎年ベルギーを訪れている。
2001年よりベルギービールに関する講座、セミナー活動をスタート。
2008年より愛知大学、愛知淑徳大学等でベルギービール講座開講。
「ベルギービールを通じて日本とベルギーの架け橋に」というコンセプトのもと、
講演やセミナーにも積極的に取り組んでいる。
共著に『ベルギービール大全』(三輪一記+石黒謙吾/アートン)、
『ベルギービール大全<新>』(三輪一記+石黒謙吾/アスペクト)。
一般財団法人 日本ベルギービール・プロフェッショナル協会 代表理事。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。