[イベント]2015.10.18

京都与謝野産ホップを使用した京都醸造のビール「与謝野の挑戦」販売開始

与謝野の挑戦京都府与謝野町京都醸造

2015年、町のプロジェクトとしてホップ栽培を始めた京都府与謝野町収穫されたホップを、京都醸造が使用して造ったビール「与謝野の挑戦」の販売が開始されました。

京都醸造株式会社によると、「与謝野の挑戦」は、生ホップ(加工せずに摘みたてのままで使うホップ。与謝野産ホップは摘み取り後30分以内に真空冷凍されています)の個性が目立つように、モルトと酵母感は控え目に仕上げられ、ライトな口当たりとドライな仕上がりで飲み飽きしないビールで、温度が少し上がると与謝野ホップの繊細な香りが引き立つとのことです。
*文末に、「与謝野の挑戦」が飲めるお店のリストを掲載していますが、「与謝野の挑戦」は予約注文受け付け開始から3時間で売り切れるという人気商品で、各バーでも開栓即完売となることも考えられます。すでに売り切れの場合や「京都醸造TAP TAKE OVER」、「フレッシュホップフェスト」といったイベントで日にちを限定して開栓するお店もありますので、御注意下さい。

12096489_1766669646893783_68472981282309181_n
<京都醸造「与謝野の挑戦」>

11800055_838225672920564_5590378496362371216_n
<与謝野町のホップ園>

_DSC7247
<与謝野産ホップ>

以下、京都醸造株式会社のFB からの引用です。

仲間リーズ第3弾(17目の仕込み):地産地消というビール作りはビール造りのルーツにあって、いつか京都醸造の商品にできるだけ地元産の原材料を使いたいという夢がある。ただ、大手メーカーが契約栽培などをし、殆どの日本産の原材料は手に入らない。選択肢としてホップを始め、自分たちで育てるしかないと思っていました。

事業開始が近づいていたころ、ご縁があって京都府北部にある与謝野町の方々に出会った。与謝野町は日本で初めて町を上げて小規模ブルワリー向けのホップ栽培という野望な挑戦に挑んだ。始まったばかりのプロジェクトだが、幸運のことに初めての収穫を一部分けていただくことができた。

今回の生ホップ(加工せずに摘みたてのままで使うホップ)の個性が目立つように、モルトと酵母感のひかいめのビールに使用した。ライトな口当たりとドライな仕上がりで飲み飽きしないビールとなり、少し温まると与謝野町ホップの繊細な香りが引き立つ。

ネーミングについて:与謝野町は町を上げてクラフトビールブルワリー向けのホップ栽培を始めた。この大胆な挑戦を応援したいという気持ちでネーミングを「与謝野の挑戦」にした。

与謝野町町長の山添様・プロジェクトを監督した藤原様・与謝野町相棒の香山様・与謝野町の関係者様・心の底からご感謝しております。

Our third beer in the ‘Nakama’ (or ‘friendship’) series (also our 17th batch) started shipping nationwide on Wednesday. It has always been a dream of ours to use locally sourced ingredients in as many of our beers as possible. In Japan, this proves very difficult as the majority of growing and processing facilities for beer ingredients are owned, operated, and strictly controlled by large breweries that have little to no interest in sharing their harvest with competitors, no matter how small. Our only option we felt was to start our own growing programs at some point in the future, beginning with hops as they require the least amount of additional processing prior to use.

As we began to meet more and more people in Kyoto interested in craft beer, we were introduced to the town of Yosano in northern Kyoto. Inspired by a local resident heavily involved with the beer community in Japan, Yosano has taken the bold step of starting Japan’s first hop farm for craft brewers. While still in its infancy, the program’s goals are promising and we were fortunate enough to receive a portion of the very first harvest for use in one of our brews.

We decided to use the freshly picked hops in a beer that showcases a balance of light malt and yeast character to see how the hops balanced with other ingredients. Light, crisp, and easy drinking, the essence of the delicate Yosano hops come out in the finish of the beer, especially as it warms.

About the naming: ‘Yosano no Chosen’ (or, ‘Yosano’s challenge’) represents the fact that Yosano has put the flag down to try and create an independent hop farm in Japan and all the hurdles that lay ahead of them. We salute them in their quest and we hope to work with them in the future.

以下、「与謝野の挑戦」が出荷されたお店のリストです。
*開栓日お店によって異なります。また、すでに完売の場合もありますのでご注意ください。

東京
麻布十番店 CRAFT HANDS
アントンビー
グレムリン
ヒマラヤテーブル
結喜菜
Beer Pub Camden池袋東口店
Baird Brewing (中目黒 タップルーム)
Craft Beer Bar 淡島倉庫
Craft Beer Cafe PROST
Craft Beer House LUSH LIFE
Craft Beer Market神保町テラス店
Devilcraft神田店
Devilcraft浜松町店
GOOD BEER FAUCETS
Hemel道玄坂
Hop Scotch Tokyo
Mikkeller Tokyo
PUMP craft beer bar
SWANLAKE Pub Edo八重洲店
TOWA~麦酒と日本酒と蕎麦~ (The World End -Japanese Craft)
WIZ CRAFT BEERandFOOD

神奈川県
Baird Brewing (馬車道 タップルーム)
HOPMAN
HOT PEACE
JINGLE BEER & DINING
SakuraTaps

千葉県
British Pub&Foods ARROWS

京都市内
Beer Cafe 麦潤
BEER Komachi
BEER PUB TAKUMIYA
Bungalow
gion maru-maru
JAPONICA
KOKKO
Len
PUB Karr
Tadg’s Gastro Pub

京都府
Public House THE ROCKIN’ HEARTS

滋賀県
la-men NIKKOU

奈良県
Bar Fiddich

大阪府
福島クラフトビールキッチンPOGO
Beer House Hobbit
Bubble Craft
CraftBeerSpot Hathor
CRAFT BEER BASE BUD
YELLOW APE CRAFT

兵庫県
Beer Cafe Barley
The Cricketers (beer club)

日本ビアジャーナリスト協会 フェイスブック
http://www.facebook.com/JBJA.jp
上のURLをポチッとして、開いたJBJAページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。
よろしくお願いします!!

本格派ビール雑誌「ビール王国」発売中。

Fujisan.co.jp「ビール王国」

楽天ブックス「ビール王国」

アマゾン「ビール王国」

ステレオサウンド

取材風景やこぼれ話はフェイスブックでもご覧になれます。
https://www.facebook.com/beerkingdom.jp?fref=ts

「藤原ヒロユキのBEER HAND BOOK」をはじめ藤原ヒロユキのビール関連書籍は「アマゾン:藤原ヒロユキ著書」でお買い求めいただけます。

※お店のメニューや営業時間、イベントの内容などの掲載情報については、予告なしに変更されることがありますので、念のためお店やイベント・サイトなどをご確認の上ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

*告知は、本サイト以外でも行われている場合がありますので、すでに満席や売切れの場合もあります。御了承下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

001藤原 ヒロユキ

この記事を書いたひと

藤原 ヒロユキ

ビール評論家・イラストレーター

ビアジャーナリスト・ビール評論家・イラストレーター

1958年、大阪生まれ。大阪教育大学卒業後、中学教員を経てフリーのイラストレーターに。ビールを中心とした食文化に造詣が深く、日本ビアジャーナリスト協会代表として各種メディアで活躍中。ビールに関する各種資格を取得、国際ビアジャッジとしてワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル、チェコ・ターボルビアフェスなどの審査員も務める。日本外国特派員協会会員。ビアジャーナリストアカデミー学長。著書「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎刊)は台湾でも翻訳・出版されたベストセラー。近著「BEER HAND BOOK」(ステレオサウンド刊)、「ビールはゆっくり飲みなさい」(日経出版社)が大好評発売中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。