[イベント]2015.11.18

飲んで応援しよう「東北復興支援ビール 渚咲~Nagisa~」 完成!

いわて蔵東北復興支援渚咲ビール

岩手県釜石市の花、浜ユリをから採取された酵母が醸すビール「東北復興支援ビール 渚咲~Nagisa~」が完成。
11月20日にリリースされることが決まった。

yuri5

震災後、岩手県にあるクラフトビール醸造所「いわて蔵ビール」は釜石市にある北里大学釜石バイオテクノロジー研究所と共同でビールを開発し、恩送りプロジェクトを行ってきた。

東日本大震災の一年後に発売された「東北復興支援ビール 福香(ふっこう)」ではの震災の瓦礫から救出された盛岡市の石割桜の酵母が使用されている。
今回の「渚咲~Nagisa~」は、同じく震災の被害を大きく受けた釜石市の花でビールを造ろうと、北里大学の釜石バイオテクノロジー研究所の協力のもと、沿岸に咲く浜ユリから酵母が採取された。
「渚咲~Nagisa~」の名付け親は釜石市市役所の職員だ。
地域の協力が生み出したビールである。

福香ビール同様、このビールも「恩送りプロジェクト」の一環として使用される。
このプロジェクトはビールの収益で三陸で復興・街づくり等で頑張っている企業の商品を購入し、次にビールを購入した人に商品をプレゼントするという循環型の復興支援だ。

日々目まぐるしくニュースが流れ、東日本大震災の記憶は遠ざかってしまっているように感じる。
しかし被災地ではいまだに痛みを抱えている人がいることを見落としてはいないだろうか。
復興をサポートしている「渚咲~Nagisa~」を飲むことで、継続して東北の元気を支援していきたい。

yuri yuri2
釜石市沿岸に咲く浜ユリ

yuri3
酵母を採取

yuri4
浜ユリを連想させる琥珀色。香りのよいビールに仕上がった

☆写真はすべて、いわて蔵代表佐藤航氏のブログ「蔵元だより」より

【問い合わせ】
いわて蔵ビール
http://www.sekinoichi.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01001コウゴアヤコ

この記事を書いたひと

コウゴ アヤコ

ビアジャーナリスト

1978年東京生まれ。杏林大学保健学部卒業。
ビール好きが高じて2008年から1年半、ミュンヘンで暮らす。旅とビールを組み合わせた「旅ール(タビール)」をライフワークに世界各国の醸造所や酒場を旅する。ビアジャーナリストとして『ビール王国』、『ドイツニュースダイジェスト』など様々なメディアで執筆。『ビールの図鑑』『クラフトビールの図鑑』(マイナビ)、『極上のビールが飲める120店』(エンターブレイン)など。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。