[イベント]2011.8.1

「サンクトガーレン 一日店舗」オープンでの気づき

サンクトガーレン

去る6月10日、渋谷のセンター街を抜けた先にある小さな場所で、たった1日だけオープンしたビアバーがあった。「サンクトガーレン一日店舗」。神奈川県厚木市に工場を持ち、『湘南ゴールド』や『インペリアルチョコレートスタウト』などクオリティの高いクラフトビールでファンを魅了する、マイクロブルワリーの実店舗だ。

■激レアで熱狂的な夕べ

椅子とテーブルの18名で満卓な店舗内に、ピーク時は30名ほどの人数がひしめき合っていたという熱狂ぶり。その日の様子を、同社広報の中川美希さんはこう振り返る。「オープンしてから24時近くまで常に満席でした。ムンムンな熱気だったんですが、防音の観点からも窓が開けられなくて、酸素が足りなーい! って(笑)」

熱狂的な夕べだったのは、何も金曜日の18時から25時までというゴールデンタイムだったからというだけではない。日本の最老舗でありながら、これまで一度も実店舗を持ったことがなかったブルワリーが、1日だけ実店舗をオープンするという激レアな状況が、この熱気に拍車をかけた。

当日提供された銘柄は以下の10種類:
・ゴールデンエール  
・アンバーエール
・ブラウンポーター  
・ペールエール
・YOKOHAMA XPA 
・スイートバニラスタウト
・黒糖スイートスタウト 
・湘南ゴールド
・パイナップルエール  
・B-IPA

店内はクローズまで大盛況


ビールを注ぐ社長の岩本伸久さん


■造り手と飲み手をつなぐリアル店舗の大切さ

リアル店舗を持たないサンクトガーレンは、ファンからいつも「店舗は持たないの」と言われ続けていた。そんな中、前述の中川さんがTwitterで知り合った人が、飲食店舗を「一日店長」にレンタルする「無銘食堂」のオーナーだったという縁が、初めてのリアル店舗につながった。

「何よりうれしかったのが、お客様の反応を直に見られたこと」と中川さん。「初めて『湘南ゴールド』を飲んだ人が、『ビールで泡まで美味しいのは初めて』と言ってくれて」。

おひとりさまがカウンターで飲んでいると、サンクトガーレンのビールを介して客同士のつながりができていくのを何度も見た。うれしくて、社に戻ってからTweetすると、そこからまたネットでのつながりも波及していった。「私たちが造ったビールが、人と人とをつなげる扉になったのだと思うとすごくうれしかった」。

一日とはいえ、リアル店舗を運営してみて得られた気づきもたくさんある。ビールの味わいの説明に難しさを感じたのもそのひとつだ。例えば、初めてクラフトビールを飲む人に、口頭で「アンバーエール」と「ペールエール」の違いをどう説明したらいいものか、悩んでしまったという。

「その上、普通のビアバーはフードも提供してオペレーションをつつがなく回すわけでしょう。飲んでもらうための工夫や心配りをして、私たちのビールをお客様にお渡ししてくれる提供側って本当にすごい。スタッフ一同、改めて感謝しています」

造る側も、提供する側もプロフェッショナルの仕事をこなして初めて、美味しいビールが飲み手へと運ばれる。一日店舗で気づきを得たサンクトガーレンは、より素晴らしいビールを私たちへ届けてくれるに違いない。■

サンクトガーレン一日店舗


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

003 野田 幾子

この記事を書いたひと

野田 幾子

ビアジャーナリスト/ビアアンバサダー

94年にベルギービール、96年に国産地ビールの美味しさに目ざめ、ビアアンバサダー活動を開始。2007年にビアバー・ビアパブムック『極上のビールを飲もう!』(エンターブレイン刊)の全体構成、執筆、編集を皮切りに、ほぼ毎年シリーズを刊行。雑誌でのクラフトビール特集の執筆/監修、共著、講習、イベント企画など多数。
食のキュレーションサイト「ippin」でクラフトビールキュレーターを務める。
http://r.gnavi.co.jp/ippin/curator/nodaikuko/

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。