[テイスティング]2011.8.2

Japanese Green Tea(煎茶) IPA”for the JAPAN RELIEF、テイスティング・レポート

2011年07月06日付けのコラムで紹介した、「Japanese Green Tea(煎茶) IPA”for the JAPAN RELIEF」。

7/29(金)午後5時から「タップルーム」各店で生樽が繋がれました。http://bairdbeer.com/ja/blog/archives/3071

以下、テイスティング・レポートです。

【まず、はっきりとしたホップのアロマとフレーバー、そして苦味を感じます。
飲み終わると「日本茶販売店の前を通った時」を思い出させる残り香、そして鮮烈な苦味が広がります。モルトの香ばしさとあいまって”焙じ茶”を連想させる味わいを探し出すことが出来ます。
加えられた原料は煎茶ですが、モルトとの関係で”焙じ茶”のキャラクターを感じたことは非常に興味深い結果です。
全体的な印象としては、「フレーバリー・ビールのカテゴリーではなく、あくまでもIPAのスタイルを貫いている」と感じました。】

以下は、「Japanese Green Tea IPA」の醸造風景やトシ・石井氏(イシイ醸造所)Mitch Steele氏(ストーン醸造所)Bryan Baird氏(ベアード醸造所)のメッセージが編集された動画です。先日もアップしましたが改めて再掲載します。
3人の熱い思いが伝わってきます。

http://www.youtube.com/watch?v=VvosvdWfmas

http://vimeo.com/26280394

なお、中目黒「タップルーム」のブログによると『そして私達はこのビールの全売上をALL Hands ボランティアチャリティ団体へ寄付します』と発表されています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

001藤原 ヒロユキ

この記事を書いたひと

藤原 ヒロユキ

ビール評論家・イラストレーター

ビアジャーナリスト・ビール評論家・イラストレーター

1958年、大阪生まれ。大阪教育大学卒業後、中学教員を経てフリーのイラストレーターに。ビールを中心とした食文化に造詣が深く、日本ビアジャーナリスト協会代表として各種メディアで活躍中。ビールに関する各種資格を取得、国際ビアジャッジとしてワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル、チェコ・ターボルビアフェスなどの審査員も務める。日本外国特派員協会会員。ビアジャーナリストアカデミー学長。著書「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎刊)は台湾でも翻訳・出版されたベストセラー。近著「BEER HAND BOOK」(ステレオサウンド刊)、「ビールはゆっくり飲みなさい」(日経出版社)が大好評発売中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。