[イベント]2011.8.12

国内でもじわじわ浸透? 「ブルーパブ」

ブルーパブ

現在発売中の雑誌『dancyu』9月号に寄稿した。特集「良心の居酒屋」の最後、3ページにわたってクラフトビールを提供する都内の店舗を紹介している。今回は「ここでしか飲めない」をキーワードに、六本木の「ANT’N BEE(アントンビー)」、渋谷の「Craftheads(クラフトヘッズ)」、洗足の「PANGAEA(パンゲア)」を取り上げた。それぞれに素晴らしい店舗なのだが、今回はパンゲアが転向した「ブルーパブ」について。

パンゲアは、もともとイングリッシュエールや国産クラフトビールを提供していたビアパブだ。店主の小畑昌司さんがひとりで切り盛りしている。ビターやスタウトなど数種類のタップと数十種類のボトルビール、ビールに合うフードを提供していた。

そんなパンゲアが「自家製ビールを造り始めたようだ」という話を聞きつけ、下見に行って驚いた。店舗が自家製ビール(正確に言うと発泡酒)を製造販売するブルーパブへ、完全に転向していたからだ。他社のビールを扱わないだけではない。フードの提供も、サラミやチーズなど市販のおつまみを店内で販売する形式に変わっていた(発泡酒を製造する場所でフードの調理はできないという理由もある)。

ブルーパブを始める経緯やビールの内容などはdancyuに詳しいのでご覧いただければと思うが、かいつまんで言うと「横濱ビールのもとブルーマスターである榊弘太さんのアドバイスに基づいて、発泡酒免許を取得し、道具をそろえ、店を改造して取り組んだ」とのこと。最初に出来上がったときの感想は「本当にできるんだなぁ」だったという。雑味や酸味に直結するため製造管理には大いに気を遣うが、提供する側がお客様に飲んでほしいビールを自分で造り、目の前で飲んでもらえる喜びは、何ものにも代え難いものではないだろうか。

ふと思い起こすと、都内近郊にも店舗主導のブルーパブがいくつか存在する。例えば高円寺の「高円寺麦酒工房」、登戸の「ムーンライト」、銀座の「八蛮」など。来年オープン予定のブルーパブも都内にある。

「自家製麺を売りにしたラーメン屋が増えているのだから、自家製ビールを売りにしたパブが増えてもいいのでは」と小畑さん。クオリティの高いビール/発泡酒が店舗単位で造れ、飲んでもらえることがわかれば日本でもブルーパブは増えるだろう。より豊かなビアカルチャーを日本に根付かせるために、ぜひブルーパブにもがんばってほしいと切に願う。■

*ブルーパブをご存じの方、ぜひ情報お寄せください*


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

003 野田 幾子

この記事を書いたひと

野田 幾子

ビアジャーナリスト/ビアアンバサダー

94年にベルギービール、96年に国産地ビールの美味しさに目ざめ、ビアアンバサダー活動を開始。2007年にビアバー・ビアパブムック『極上のビールを飲もう!』(エンターブレイン刊)の全体構成、執筆、編集を皮切りに、ほぼ毎年シリーズを刊行。雑誌でのクラフトビール特集の執筆/監修、共著、講習、イベント企画など多数。
食のキュレーションサイト「ippin」でクラフトビールキュレーターを務める。
http://r.gnavi.co.jp/ippin/curator/nodaikuko/

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。