[イベント]2011.10.8

大塚「麦酒庵」で志賀高原ビールと日本酒、縁喜(えんぎ)の会

大塚「麦酒庵」で10月16日(日)16:00から、志賀高原ビールと日本酒、縁喜(えんぎ)の会が開かれます。

以下、「麦酒庵」からのインフォメーションです。

長野県北信州の玉村本店が醸すビール、志賀高原ビール。日本酒、縁喜(えんぎ)の会を実施します。

ビールかつ日本酒の会です。

玉村本店は自家栽培のホップ、酒造好適米など地産の材料を中心にビール及び日本酒を醸している蔵です。

今回は、「地産」を中心にしたラインナップで会を実施します。

志賀高原ビールは今の時期に毎年「Harvest Brew」と言って自家栽培の生ホップをふんだんに使ったバージョンのビールを作ります。
ビールに関してはそれを中心に揃えます。
※通常は自家栽培でも乾燥ホップが中心になります。

縁喜は昔は地産ではない山田錦等も使っていましたが今は自家栽培の美山錦、地元産の金紋錦やひとごこちで日本酒を醸しています。

ビール好きも日本酒好きも
どちらも楽しんでもらえたら幸いです。

当日は八代目(to be)兼ビール醸造責任者の佐藤専務を
お招きして開催いたします。

日時:10月16日(日)16:00~19:00
定員:22名
会費:6000円
内容:ビール6種類程度日本酒5種類程度予定
   +たっぷりの料理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

001藤原 ヒロユキ

この記事を書いたひと

藤原 ヒロユキ

ビール評論家・イラストレーター

ビアジャーナリスト・ビール評論家・イラストレーター

1958年、大阪生まれ。大阪教育大学卒業後、中学教員を経てフリーのイラストレーターに。ビールを中心とした食文化に造詣が深く、日本ビアジャーナリスト協会代表として各種メディアで活躍中。ビールに関する各種資格を取得、国際ビアジャッジとしてワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル、チェコ・ターボルビアフェスなどの審査員も務める。日本外国特派員協会会員。ビアジャーナリストアカデミー学長。著書「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎刊)は台湾でも翻訳・出版されたベストセラー。近著「BEER HAND BOOK」(ステレオサウンド刊)、「ビールはゆっくり飲みなさい」(日経出版社)が大好評発売中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。