[コラム,ビアバー]2016.11.12

ここはBASEではなく、MUSEUM! 飲める!買える!酒屋さんを巡って 3店目 【びあマBASE編】

びあマBASE飲める!買える!酒屋さんを巡って

先月、クラフトビールファンがオープンを待ちわびた酒屋がある。それが、びあマだ!

飲める!買える!酒屋さんを巡って 【びあマ&びあマBAR編】

40か国以上1800種類のビールを品揃えしているびあマ。これらのビールを管理している場所が今夏、公開になったことは熱心なファンならばご存知のことだろう。それがびあマBASEだ。

開店して2ヶ月あまり。クラフトビールが豊富に揃うびあマBASEに足を運んでみた。

最寄り駅は京成線千住大橋駅

びあマBASEがあるのは町工場が集まる一角にある。最寄り駅は京成線千住大橋駅だ。住宅も多いこの地域なので、知り合いがいなければ正直、馴染みのない土地だと思う。土地勘のない人だと、迷ってしまう可能性がある場所にある。

しかし、千住大橋駅からは徒歩10分程度。実際には簡単な経路なので、1度行けばすぐに覚えてしまうだろう。

千住大橋駅は各駅停車と快速が停車する。

千住大橋駅は各駅停車と快速が停車する。特急や快速特急は停車しないのでご注意を。

千住大橋駅を出たら、まずは商業施設ポンデポルタ千住があるロータリーの交差点を右折する。

千住大橋駅周辺は工場が多い地域

しばらく、道なりに進むと左手に交番がある。この奥の交差点(赤い自動販売機の奥)を右折。

この十字路を曲がると目的地までもう1歩だ

その先にある十字路を左折。

ここを曲がって、少し行ったところにびあマBASEはある

そのまま、直進していくと、右側に株式会社谷口さんがある十字路を右折。

到着したら、はやる気持ちを抑えて受付をしに2階へ行こう!

到着したら、はやる気持ちを抑えて受付をしに2階へ行こう!

少し歩いていくと右側にびあマBASEの看板がお目見えする。到着したら、まず2階へ上がり、受付をしよう。受付の際に渡される札は会計に必要なので、無くさないように!

巨大冷蔵室の中は、まるで博物館!

 

入室前によく、注意書きを読んでから入室するようにしよう

入室前によく、注意書きを読んでから入室するようにしよう

受付を済ましたら、1階に降りてビールを選ぼう。びあマBASEのビールが置かれている場所は冷蔵室の中だ。当然、中は寒い。しっかり防寒をしていくことをおススメする(冷蔵室前には貸し出し用の防寒着もある)。

注意書きにも書いてあるが、冷蔵室の床は滑りやすいので、気をつけよう。また、保護者同伴でも未成年は入室不可だ。ここは大人が楽しむ場所なのだ。

冷蔵室の中はビールがあり過ぎてしまい選ぶのが大変。時間がかかり過ぎると身体も冷えてしまうので、ご注意を!

冷蔵室の中はビールがあり過ぎてしまい選ぶのが大変。時間がかかり過ぎると身体も冷えてしまうので、ご注意を!

冷蔵室の中にはのべ2万本を超えるビールが並べられている。様々な国のビールがあり、眺めているだけでも楽しい。その光景はまるでBASE(基地)というよりもMUSEUM(博物館)のようだ。

各ビールには特徴が書かれたポップがあるので、購入時の参考になるのが助かる

各ビールには特徴が書かれたポップがあるので、購入時の参考になるのが助かる

びあマに入りきらないビールがあるので、より多くの種類のビールを探したい人はびあマBASEへの来店がおススメだ。

「目の前に駐車場があるのでまとめ買いをしたいお客様はこちらの方での買い物がいいと思います」とスタッフは話す。

「色々な種類のビールを買って帰りたいが、重くてたくさん買えない」という方には嬉しい環境だ。当然だが、車での来店時は2階の飲酒スペースでの飲酒はできない。家に帰ってから楽しんでほしい。

倉庫を改造したスペースで味わい、鑑賞する

ビールを選んだら2階へ戻り会計だ。購入したビールは2階の飲酒スペースで、飲むことが可能。その際には抜栓料100円が別途にかかる。

隠れ家的な印象を感じる飲酒スペース。大人の時間がゆっくりと過ごせる贅沢な空間だ!

隠れ家的な印象を感じる飲酒スペース。大人の時間がゆっくりと過ごせる贅沢な空間だ!

飲酒スペースは倉庫を改造。飾らない空間がかえって落ち着いた雰囲気をだしている。ソファーもあるので、ゆっくりとくつろぎながらビールを味わえる。

休日の昼下がりにビールを飲みながら読書をするのもいいのではないだろうか。

自分の好きなビールを飲みながら過ごす幸せなひとときを!

自分の好きなビールを飲みながら過ごす幸せなひとときを!

そして、飲酒スペースの目玉は入り口近くにあるグラスだ。以前はびあマで販売されていたが、移転後はびあマBASEに変更された。各ビールの専用グラスからブルワリーロゴが入ったグラスとその形状の豊富さには圧倒される。

これだけのグラスの数を販売しているお店はなかなかない。グラス好きの方にも訪れてほしい場所だ

これだけのグラスの数を販売しているお店はなかなかない。グラス好きの方にも訪れてほしい場所だ

眺めているだけも本当に楽しい!

眺めているだけも本当に楽しい!

びあマBARで、人気のキッシュも食べることができるぞ(飲食物の持ち込みは禁止)。

軽食もあるので、お腹が空いた方はどうぞ。

軽食もあるので、お腹が空いた方はどうぞ。

飲酒スペースの奥には秘蔵のビールやミッケラーのスピリッツなどが販売されている。こちらも注目のコーナーである。

スピリッツもある。お馴染のブルワリーのものもあるので、興味のある方は飲んでみてほしい

スピリッツもある。お馴染のブルワリーのものもあるので、興味のある方は飲んでみてほしい

家飲み用にまとめ買いをしに来るのもいいし、飲酒スペースで、ゆっくりとビールを味わうのもいい場所だ。個人的に提案したいのは、ビール仲間と様々なビールをシェア(※1)しながら楽しむ会である。

《注意!》お店や周りのお客様のご迷惑にならないよう配慮してください。

※1シェアできるビールには制限があります。詳細はスタッフまで。

京成上野駅から10分程度。乗り換えが必要な人は隣の日暮里駅での乗り換えが便利だ。びあマのある北千住駅からは徒歩で、約20分の距離にある。

びあマBASEは豊富な種類のビールに圧倒され、ゆったりと味わえる素敵な空間だった。ぜひ、足を運んでその目で確認してほしい。

◆びあマBASE Data

住所:東京都足立区千住緑町1-22-10

電話:03-3882-7841

Facebook:www.facebook.com/senju.WBM/?fref=ts

Homepage:http://www.rakuten.ne.jp/gold/sake-taniguchi/

営業時間:12:00~19:00

定休日:なし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

05007木暮 亮

この記事を書いたひと

木暮 亮

ビアジャーナリスト

『日本にも美味しいビールがたくさんある!』をキャッチフレーズに日本のビールを応援する活動を行っている。時間をつくっては実際に現地へ足を運び、ビールの味だけではなく、ブルワーのビールへの想い聴き、伝えている。飲んだ日本のビールは700種類以上。また、ビールイベントにてブルワリーのサポート活動にも積極的に参加し、ジャーナリストの立場以外からもビール業界を応援している。

当HPにて、「ブルワリーレポート」、「うちの逸品いかがですか?」、「Beerに惹かれたものたち」、「飲める!買える!酒屋さんを巡って」を連載中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。