[イベント]2011.10.14

イタリアでのビールは「LA ROSSA」を是非に。

MORETTIイタリアビール

フリーダイビングの取材でヨーロッパに来ています。ギリシャ、フランスときていまはイタリア。
イタリアは5年ほど前からクラフトビール造りが盛んになっているという。とはいえ、残念ながら街中で見つけることはできなかった。一般的にレストランでよく見られる銘柄は、「モレッティ」オンリー。ほかにはHeinekenやBECKなど、他国のメーカーだ。

そのモレッティ、フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州ウーディネ(イタリア北部、ベネチアの北方)に醸造所がある。いまいるところはベネチアの東にあるリニャーロ・サッピアドーロという街。モレッティの醸造所に近いからだろうか、レストランのメニューでは既にメーカー名が書かれていないほど、ホントにこれしかない。絶対にあるのはピルスナー。さわやかでホップの苦みを楽しめる。しかし、ところによっては「LA ROSSA(ラ・ロッサ)」とだけ書かれたものもある。これって何だろなーと思って頼んでみると…。うますぎる!!

実は飲んだ時点ではモレッティだとわかっていなかったので、スーパーに行って調べてみた。すると、モレッティの「LA ROSSA」であることが発覚。赤みがかった銅色で、カラメルの香りがする。後味にほどよく残る苦み。アルコール度数は7.2度。少なくともスーパーで見かけたものは、ダブル(ドッピオ)モルトの表記があった。

モレッティにはピルスナーのダブルモルトもある。モルトの香りがたまらない。私はそのビールの大・大・大ファンである。六本木のセルベッサで知りました。セルベッサさん、ありがとう。

願わくば、東京都内の多くの場所で、ドッピオモルトもラ・ロッサも売ってくださることを、切に願います。■


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

003 野田 幾子

この記事を書いたひと

野田 幾子

ビアジャーナリスト/ビアアンバサダー

94年にベルギービール、96年に国産地ビールの美味しさに目ざめ、ビアアンバサダー活動を開始。2007年にビアバー・ビアパブムック『極上のビールを飲もう!』(エンターブレイン刊)の全体構成、執筆、編集を皮切りに、ほぼ毎年シリーズを刊行。雑誌でのクラフトビール特集の執筆/監修、共著、講習、イベント企画など多数。
食のキュレーションサイト「ippin」でクラフトビールキュレーターを務める。
http://r.gnavi.co.jp/ippin/curator/nodaikuko/

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。