[イベント]2010.9.20

アメリカ取材&買い出し

毎年2回の買い出し、と取材にアメリカに滞在中。
ネット環境と移動の時間の合間なので木曜日に上げられなかった。
申し訳ない。コレを書いてるのもやっとの合間を見つけて。
Chicagoの街のど真ん中に位置する、Clark Street Ale HouseでWiFiが
繋がってるので深夜0:00にビール飲みながらの投稿。

と言っても、朝からケンタッキーから1人で運転、約6時間。
の後の市内で色々仕事を片してからなので文章的に問題があるかもしれないが
そこはお見逃しを。

Macの横に置いてあるエールが『Founders Red Rye Ale』。
今回の取材と仕入れの最重要醸造所。今アメリカでも人気がうなぎ登り。
Grand Rappidsと言う、まあ、あまり日本人が観光で訪れる事も無い町にある
以外と普通のBrew Pub、なんですが、ここのビールがかなり旨い!
社長さん曰く、『ここ2、3年なんだよね、有名になったの〜。』
なんて言ってましたが、いやいや、この味だったらそうでしょう。

上の写真のビール注いでくれてるのが社長のマイクさん。
本人はビール作りません、念のため。でもパートナーとブルワーと
二人三脚でうまく会社を大きくしてます。
この醸造所が全国的に有名になった一番のビールは『KBS』
Kentucky Breakfast Stoutって言うビールなんですが、以外と単純な名前なんです。
ケンタッキー=バーボン樽熟成
Breakfast=コーヒー豆使用
Stout=スタウト
これが旨い!本当に旨い!!こういうビールが普通に日本で飲めれば幸せ。
だと思って話し合いに行って来て、これから正規に輸入して行く事になりました。


かなり規模の大きいパブなんですが、食事はサンドウイッチがメイン。
20種類ぐらいあるんですが、サンドがメイン!
というか、社長曰く、『ビールがメインだからサンドで充分!』らしい。
賛成。
しっかりしたご飯があるパブも大好き。
食事のないパブも大賛成。

食後のラーメンが無いのだけがちょっとさみしい、アメリカ・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。