[イベント]2011.11.2

カンティヨン醸造所 Public Brewing Session

Public Brewing Sessionカンティヨンベルギービールランビック

Public Brewing Session

先日カンティヨン醸造所からメールが届きました。
年に2回行われる「Cantillon Public Brewing Session」の案内です。
このイベントにはベルギーだけでなく、外国からもカンティヨンファンが訪れ、一日中、仕込みや煮沸などの行程を見学することができます。
麦汁が冷却槽に放たれる瞬間も見れるかも。

2011年の秋は、11月12日(土)に開催されるとのことです。
ベルギー在住の方、運良くご旅行中のかたはぜひお出かけください。
僕は5年前の3月に参加してきましたがすごい熱気でした。


機械で樽を洗浄しているところ。
迫力満点です!

※画像をクリックすると大きい画像を見ることができます。

Brassin Public le samedi 12 novembre 2011 / カンティヨン醸造所

”Cantillon Public Brewing Session” / ベルギー訪問記

カンティヨン醸造所 フェイスブックページ

下記、カンティヨン醸造所からの案内より。

From 06h30 to 17h00, the master brewer, his family and friends invite you to the great brewering fair, and propose you to experience the various steps in the really traditional production of Lambic.

PROGRAM
In a last century brewery with its original equipment:

from 07h00 to 09h00 Brewing process
from 09h00 to 13h00 Filtration and hopping
from 13h00 to 15h00 Cooking
at 15h30 Pumping of wort into the cooling tun
from 06h30 to12h00 Barrel cleaning “ancient method”

Guided tours every 3/4 hours as from 7.00
Admission fee: 6.00 € p.p. (including guided tour and one drink of your choice)
Tickets are valid the all day.
Croissants and coffee are proposed until 08.30, free of charge.


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

この記事を書いたひと

三輪 一記

一般財団法人 日本ベルギービール・プロフェッショナル協会 代表理事

1967年、名古屋市生まれ。
1990年、関西大学商学部卒業。26歳のときにベルギービールと出会い、以来ベルギービールを愛し、仕事でというよりライフワークとしてベルギービール普及に情熱を傾け、毎年ベルギーを訪れている。
2001年よりベルギービールに関する講座、セミナー活動をスタート。
2008年より愛知大学、愛知淑徳大学等でベルギービール講座開講。
「ベルギービールを通じて日本とベルギーの架け橋に」というコンセプトのもと、
講演やセミナーにも積極的に取り組んでいる。
共著に『ベルギービール大全』(三輪一記+石黒謙吾/アートン)、
『ベルギービール大全<新>』(三輪一記+石黒謙吾/アスペクト)。
一般財団法人 日本ベルギービール・プロフェッショナル協会 代表理事。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。