[ブルワー]2017.2.14

ビア女の酒場放浪記(35)ミュンヘンの革新的なブルーパブ「ギージンガーGiesinger Bräustüber」

ギージングビア女の酒場放浪記ミュンヘン

伝統的なビールの都でありながら、革新的なビールをも生み出しているドイツ・ミュンヘン。
そんなミュンヘンのビール事情に触れたいなら、ユニークなブルーパブに行ってみませんか?

ギージンガー醸造所は2006年に醸造を開始したばかりの若い醸造所。
設立当初の名前が”ビール研究所”であったことからも分かるように、醸造長のサイモン・ロスマン(Simon Rossmann)氏は、革新的なビールを数多く手掛けています。


2014年に場所を小高い丘の上に建つ聖十字教会のお膝元、マルティン・ルター(Martin-Luther)通りに移し醸造所兼レストランをオープン。
それがGiesinger Bräustüberです。

ビールのラベルには、町のシンボルでもあるこの教会の鐘楼と身廊が描かれています。
ご近所さんに愛される醸造所ながらも、造るビールはニュースタイル。

個性的な味わいは口コミであっという間に広がり、ご近所さんはもとより世界中のビアファンが訪れています。
現在では、ディナータイムには予約をしないと席が取れないほど!
狙い目は平日のランチタイムです。

ヴァイツェンやヘレスなどの定番ドイツスタイルのビールの他に、小麦のスタウトやドッペルアルト、ドライホッピングヴァイツェンなど、これまでにない新しい味わいのビールも造っているのがオモシロイ。
既存の概念にとらわれず、遊び心があります。
でもそれができるのは、しっかりとしたビール造りの基礎知識・土台があるから。
端正な顔立ちをした伝統的スタイルの定番ビールを飲んでそう確信しました。

レストランからビール醸造の様子を覗き見ることができます。
楽しそうにおしゃべりする若いブルワーさんたち。でも醸造釜の中を見る目は真剣そのものです。

瓶詰めラインも完成し、ボトル販売も行っています。
今後ギージンガーのビールが世界中のビアファンをあっと言わせる日もそう遠くはないかもしれません。

Giesinger Bräustüber
住所:Martin-Luther-Str. 2, 81539 Munich
営業時間:
月 – 木 11:00 – 23:00
金 – 土 11:00 – 24:00
日 10:00 – 22:00
醸造所ホームページ(ドイツ語のみ)
トリップアドバイザー


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01001コウゴアヤコ

この記事を書いたひと

コウゴ アヤコ

ビアジャーナリスト

1978年東京生まれ。杏林大学保健学部卒業。
ビール好きが高じて2008年から1年半、ミュンヘンで暮らす。旅とビールを組み合わせた「旅ール(タビール)」をライフワークに世界各国の醸造所や酒場を旅する。ビアジャーナリストとして『ビール王国』、『ドイツニュースダイジェスト』など様々なメディアで執筆。『ビールの図鑑』『クラフトビールの図鑑』(マイナビ)、『極上のビールが飲める120店』(エンターブレイン)など。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。