[イベント]2017.2.7

スマッティーノーズのタップテイクオーバー!(Titans、2月10日)

2月10日(金)、大塚のTitans Craft Beer Taproom & Bottle Shop(以下、タイタンズ)にて、スマッティーノーズのタップテイクオーバーイベントが開催されます。

Smuttynose Brewing

Smuttynose Brewing

スマッティーノーズは、アメリカ北東部のニューハンプシャー州で1994年に創業したブルワリー。といっても、そのブルワリーの起源は、1987年にスマッティーノーズ創業者のピーター・エグルストンが造ったNORTHAMPTON BREWERYというブルーパブにさかのぼります。

そのブルーパブは今でも続いており、ニューハンプシャー州も含むニューイングランド地方で最も古いブルーパブとなっています。2014年には新しい醸造設備に移転し、2015年には敷地内にブルワリーレストランをオープン。そして、ratebeerによる「Best Brewers In The World For the year 2016」で、世界のトップ100ブルワリーに選ばれました。

このトップ100ブルワリーに選ばれているブルワリーをいくつかピックアップしてみると、デ・モーレン(オランダ)、エールスミス(アメリカ)、エイヴリー(アメリカ)、バラストポイント(アメリカ)、ブリュードッグ(イギリス)、ミッケラー(デンマーク)、ヴィクトリー(アメリカ)等々、そうそうたる顔ぶれ。ちなみに、日本のブルワリーは入っていません。

そんなスマッティーノーズのビールをタップで飲むことができます。タップの銘柄は下記の通り。スマッティーノーズのフラッグシップであるショールズペールエール(Shoals Pale Ale)をはじめ7種類です。

  • Vunderbar! Pilsner(Pilsner/4.9%)
  • Finestkind IPA(IPA/6.9%)
  • Shoals Pale Ale(Pale Ale/5.3%)
  • Old Brown Dog(Brown Ale/6.5%)
  • Single Digit Dubbel(Belgian Dubbel/6.6%)
  • Coffee Brown(Coffee Brown Ale/ABV:6.0%)
  • Robust Porter(Robust Porter/6.2%)

さらに、タップだけでなくボトルビールも8種類そろえています。タップにはない銘柄も。

  • Finestkind IPA(IPA/6.9%)
  • Single Digit Dubbel(Belgian Dubbel/6.6%)
  • Peach Short Weisse(Berliner Weisse With Peach/5.2%)
  • Daily Brett(Saison, Farmhouse Ale/5.9%)
  • Brett and I(Wild Ale/6.0%)
  • Coffee Brown(Coffee Brown Ale/6.0%)
  • Trucco(Brett Saison Aged in Oak Barrels/10.0%)
  • The Stallion(Wine Barrel Aged Imperial Stout/11.0%)

ボトルは店内チャージなしで飲むこともできるので、タップとボトルの同じ銘柄を飲み比べるもよし、ボトルを買って帰って自宅で楽しむもよし。スマッティーノーズを知るには最適なイベントです。

日時:2017年2月10日(金)15:00〜23:00
場所:Titans Craft Beer Taproom & Bottle Shop
アクセス:JR大塚駅徒歩1分
電話:03-5904-9531

イベント詳細は下記からご確認ください。
http://www.aqbevolution.com/2948/
https://www.facebook.com/events/1263536033753420/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアジャーナリスト

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、英字新聞社ジャパンタイムズに勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。