[イベント]2011.12.5

コエドビールとパクチーの出会い

12/4、経堂の「パクチーハウス東京」でおこなわれた「コエドビール」とのコラボイベント「COEDO meets paxi」に参加した。

「パクチーハウス」は、その名が示すとおりパクチー料理の専門店。
パクチーは個性的(?)な風味のため好き嫌いがはっきりと別れる食材だが、ベルギーのホワイトエールに使われている材料*でもあり、ビールには相性がいい食材である。
*ホワイトエールにはコリアンダー(パクチー)の実を粉砕したものが使われている。


イベントはパクチーハウスのKyoさん(佐谷さん:左)とコエドビールの朝霧さん(右)のトークショーから始まった。


ビールはコエド全種類が揃っている。他にも数種類のビールが用意されている。
通常、ボトルビールはグラスなしでサーブされるが、希望すればグラスも用意してくれた。


当日、コエド紅赤は生で提供された。


焦がしニンニクのバーニャカウダで食べるパクチーサラダ


ゴルゴンゾーラとパクチーのムース パクチーバケット添え
他にも数多くのパクチー料理が並んだ。


おつまみとしてモルトも用意されていた。


コエド白はヴァイツェン・スタイル。パクチーとの相性が良い。
会場はおおいに盛り上がっていた。

ひとつの食材をテーマにして、様々な料理を作り、多彩なスタイルのビールに合わせていく試みは非常に面白く、今後も広まって行くことを期待している。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

001藤原 ヒロユキ

この記事を書いたひと

藤原 ヒロユキ

ビール評論家・イラストレーター

ビアジャーナリスト・ビール評論家・イラストレーター

1958年、大阪生まれ。大阪教育大学卒業後、中学教員を経てフリーのイラストレーターに。ビールを中心とした食文化に造詣が深く、日本ビアジャーナリスト協会代表として各種メディアで活躍中。ビールに関する各種資格を取得、国際ビアジャッジとしてワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル、チェコ・ターボルビアフェスなどの審査員も務める。日本外国特派員協会会員。ビアジャーナリストアカデミー学長。著書「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎刊)は台湾でも翻訳・出版されたベストセラー。近著「BEER HAND BOOK」(ステレオサウンド刊)、「ビールはゆっくり飲みなさい」(日経出版社)が大好評発売中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。