[イベント]2010.9.27

オクトーバーフェスト2010

 2010年9月18日(土)-19日(日)、日本ではジャパンビアフェスティバル横浜、アメリカではグレート・アメリカン・ビア・フェスティバル(デンバー)、そしてドイツではオクトーバーフェスタ(ミュンヘン)がおこなわれていた。まさに、地球を三分する(?)ビアフェスの集中日だったのだ。

 特にドイツのオクトーバーフェストは1810年の初回から数え200周年の記念式典でもあり、多いに盛り上がった。
 直訳すると「10月祭り」であるオクトーバーフェストは「10月第1日曜を最終日とする16日間」と決められている。どちらかというと“ほとんどの日が9月”ということになる。元々は10月のお祭りだったのだが、盛り上がりとともに期間を延長していった際、気候の問題などもあり、前倒しにして“ほとんどの日が9月の10月祭り”となったのだ。
 ちなみに、オクトーバーフェストの起源は古く、秋の収穫を祝うお祭りだった。そして、収穫された麦でビール造りを始める為に去年造ったビールを飲み干すお祭りだったのだ。そーしないと、樽が空かないから。そんなわけで、「収穫祭+新しいビールを造るために樽に残っているビールを飲み干す」お祭りが10月に行われていた。
そんなオクトーバーフェストが、現代のように世界的なお祭りになるのは1810年10月に行われたバイエルン王太子ルートヴィヒとテレーゼ・フォン・ザクセン-ヒルトブルクハウゼンの盛大なる結婚式披露宴からである。それ以降、毎年盛大になり、各国から観光客が集まるビッグ・イベントに成長していった。

 会場はミュンヘン中央駅から徒歩15分程度の「テレージエンヴィーゼ」という緑地でおこなわれる。ここに巨大なテントがいくつも建てられ、ミュンヘンはもちろん世界各国から集まったビール好きが飲み喰い唄い踊る。
 この会場で飲むことが出来るビールは「オクトーバーフェスト・スタイル」と呼ばれるビールで、マースと呼ばれる1リットル入りのジョッキで供される。他の選択はない。1杯飲み干したあとにおかわりすると2リットル、その次は3リットルという具合である。「もうひとくちチョビッと飲みたいなぁ」などということは許されない。「飲むからには最低ロット1リットルでお願いします」ということだ。
 ところが、これがなぜか不思議とスイスイ飲めてしまう。味わいは、日本の大手メーカーが造るピルスナー・スタイルのビールをモルト感ホップ感アルコール感のすべてをほんの少し高めにしたとイメージしてもらえばわかりやすいだろう。これが数リットル、飲めてしまう。なぜだろう? 個人的には、カーボネーション(炭酸の強さ)が低いことと、供される温度が若干高い(キンキンに冷えているという感じではない。日本のビールファンの中には「生温い」と感じる人もいるかもしれない程度の温度)というのが理由ではないかと感じた。また、ミュンヘンのカラッとした気候のせいなのかもしれない? 
 
 
 さらに詳しい画像やレポートは「藤原ヒロユキ日記」http://fujiwarahiroyuki.blog38.fc2.com/の9/18と9/20に掲載されています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

001藤原 ヒロユキ

この記事を書いたひと

藤原 ヒロユキ

ビール評論家・イラストレーター

ビアジャーナリスト・ビール評論家・イラストレーター

1958年、大阪生まれ。大阪教育大学卒業後、中学教員を経てフリーのイラストレーターに。ビールを中心とした食文化に造詣が深く、日本ビアジャーナリスト協会代表として各種メディアで活躍中。ビールに関する各種資格を取得、国際ビアジャッジとしてワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル、チェコ・ターボルビアフェスなどの審査員も務める。日本外国特派員協会会員。ビアジャーナリストアカデミー学長。著書「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎刊)は台湾でも翻訳・出版されたベストセラー。近著「BEER HAND BOOK」(ステレオサウンド刊)、「ビールはゆっくり飲みなさい」(日経出版社)が大好評発売中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。