[イベント,テイスティング,新商品情報]2017.7.16

東がアツい!10種の感想をまとめてみた-株式会社ファイブ・グッド初お披露目!-

FIVE GOODファイブ・グッド

(世界にはまだまだ美味しいビールが沢山眠っている…。)

先日の7月12日、都内・渋谷「Goodbeer faucets SHIBUYA」で開催された、株式会社ファイブ・グッド(以下、ファイブ・グッド)の関係者向け試飲会。

参加した筆者も計4社10種のビールを頂き、「今後を期待できると感じた」いうのが率直な感想だ。

 

こちらは「2SP」の4銘柄。写真撮りするスペース確保が大変なほど、多くの関係者が来場していた。

 

■初回は4社!飲み飽きしない個性と飲みやすさの両立

ファイブ・グッドは7月に輸入を開始したビール・インポーター。アメリカ東海岸4社のブルワリーとの取引があり、今回の試飲会はそれらの輸入後・初お披露目となった。下記がその4つである。

・Captain Lawrence Brewing Company【キャプテン ローレンス】(ニューヨーク)
・ Industrial Arts Brewing Company 【インダストリアルアーツ】(ニューヨーク)
・Evolution Craft Brewing Company【エボリューション クラフト】(メリーランド)
・ 2SP Brewing Company【トゥーエスピー】(ペンシルバニア)

※( )内は醸造所の所在地。

「Evolution Craft Brewing」のオーナー「John Knorr(ジョン・コナー)」氏(左)との一枚。興味のあるビールを伝えると熱心に、親切にお応えいただいた。

早速ではあるが、以下に各感想をまとめてみた。
※写真は同社配布資料より転載。( )内はブルワリー名。

【2S Pils(2SP)】
やや濁りのある小麦ライトイエロー。シルキーな口当たりの中に、
スピード感のある喉ごしと、柑橘をつぶし入れたような苦味がクセに。
【Delco Lager(2SP)】
クリアーブラウンの液体から漂うカラメリーやコーヒー豆のニュアンスも取れる焙煎香。
味も濃いめか?と思いきや爽快さのギャップに心奪われる、アメリカンアンバーラガー。
【Coldcock(2SP)】
ローリエを焙燥したようなハーバルやアーシーにモルトのローストが追随。
ビター感が全体を牽引するイングリッシュスタイルIPA。
【Baby Bob(2SP)】
アメリカンスタウト。甘味も感じるような焙煎香。コーヒー豆そのものを煎じて加えたような、
ナチュラルな余韻が印象的。
【Effortless Grapefruit IPA(Captain Lawrence)】
セッションIPA。メンソールのような清涼感も感じるような、ピュアなシトラス香が拡散。
柑橘でビールを造ったかと思えるような華やかさと、ミディアムな苦味。
【Tools of The Trade(Industrial Arts)】
青々しいグレープフルーツの印象が強いエクストラ・ペールエール。
さらっと飲めるボディ感だが、ふくよかなマウスフィールによる満足感もある。
【Power Tools(Industrial Arts)】 ※こちらのみ缶での提供

アメリカンIPA。マスカットや白ワインも含んだシトラス香。
トロピカルが前衛的で、今話題のNE-IPAのようなスムースな片鱗もみせる。
【Lot No3(Evolution Craft)】
アメリカンIPA。やや若いマスカットやメロンのアロマ。甘味ミディアム、
苦味もミディアムめできれいなバランス。それでも飲み続けられるのが素晴らしい。
【Pine’hop’le Pineapple IPA(Evolution Craft)】
パイナップルジュースを使用したIPA。皮ごとしぼったようなパインが印象的。
果実味と苦味のバランスよく、夏に飲みたくなるような軽快さも兼ねそろえる。
【Rise Up Stout(Evolution Craft)】
同社HP曰く、「カリビアンスタイル・スタウト」。コーヒー豆を使用したスタウト。
水出し珈琲のように奥まで透き通る香り。
飲み込むと同時に液の中からコーヒー香味が次々と顕現。飲み応えとは裏腹に、酸味によるキレが憎たらしい。
 個人的には「Effortless Grapefruit IPA」「Tools of The Trade」「Rise Up Stout」が好みにドンピシャ。
されど甲乙付けがたし···。どの銘柄も飲み飽きないバランスの良さが印象的であった。

■10年来の友人との約束を現実に

同社の代表取締役「中村 淳之介」氏にもお話を伺った。

Q:今回、輸入を決めたきっかけは?
『10年来の大学院時代からの友人が、今回の輸入の一つのきっかけになっています。彼は現在「2SP」のメンバーであり、「造ったビールを世界中に届けたいね」と当時言っていた事を現実にすることができました。他の3社についても、3週間かけて東海岸中のブルワリーを回った中で想いを共にしてくれた素晴らしいブルワリーばかりです。』

Q:今後の展開はいかに?
『取り扱い銘柄はどんどん増やしていく予定です。どこと、というのはまだ秘密ですが、いくつか交渉に入っていますので楽しみにしておいてください!』

同社「中村淳之介」氏(左)との一枚。

その笑顔とパッションに、思わずこちらも期待せずにはいられなくなってしまった。
ぜひ皆様も見かけたら飲んでみてほしい。

西海岸が注目されがちな日本のビールシーンであるが、ここからイーストコーストの巻き返しが始まっていくに違いない!と感じられるビールたちであった。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

05006佐藤 翔平

この記事を書いたひと

佐藤 翔平(あむろ)

ビアジャーナリスト

【普段の食卓でも当たり前に美味しいビールを選べる日本にしたい】

その為に、食事の中で楽しむビールとして「正しく、気取らず、実になる」ペアリング記事をメインに執筆中。加えて、飲食店勤務の傍らティスティングを行い、その記録は「1700」銘柄を超える(2017年5月現在)。

日本地ビール協会(JCBA)認定シニア・ビアジャッジ、及びジャパンビアソムリエ協会(JBSA)認定ビアソムリエでもある。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。