[イベント]2012.1.4

タイ・バンコクでビール

シンハータイチャーンバンコク

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年の年末年始は、初めて海外で過ごしています。
微笑みの国、タイ・バンコクに来て今日で6日目。
こちらに来てからさすがにベルギービールは一度も見ていません。
おそらくどこかにはあるのでしょうけど・・・。

日本は最高気温が一桁台の冬ですが、こちらは毎日30度以上になり、乾季とはいえちょっと出歩くだけでも汗だくになるほど。
ですからビールも軽めのピルスナータイプばかりですし、やはりそういうタイプのものを飲みたくなります。

こちらで売られているものは、タイ産の「シンハー」「チャーン」「リオー」など。
価格は缶ビールで25~40バーツくらいで、日本円に換算するとおよそ60~100円くらいとかなり安いです。
大瓶はもっと割安に。
現地産以外ですと、「ハイネケン」や「アサヒ」が多いようです。

こんな気候ですので昼間からビール、といきたくなるところですが、大きな落とし穴が。。。
なんとタイではビールを含むアルコール類の販売制限があり、時間帯によってはビールを出してくれないのです。

販売されているのは、11:00~14:00、17:00~24:00の間のみ。
ということで、昼間の14:00~17:00の間はビールを買うことができません。
ショップで購入できないだけでなく、普通の飲食店でも提供してくれないのです。(>_<) 朝がゆっくりなので、昼食は図らずもこの「魔の時間帯」にかかってしまい、滞在中何度ビールを断られたことか。。。 これ以外にも、選挙の前日、当日はアルコール類の販売、提供自体、終日禁止されているそうです。 あともう少しでバンコクでの年末年始休暇もおしまい。 最後までルールを守ってしっかり暑さとビールを楽しんできます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

この記事を書いたひと

三輪 一記

一般財団法人 日本ベルギービール・プロフェッショナル協会 代表理事

1967年、名古屋市生まれ。
1990年、関西大学商学部卒業。26歳のときにベルギービールと出会い、以来ベルギービールを愛し、仕事でというよりライフワークとしてベルギービール普及に情熱を傾け、毎年ベルギーを訪れている。
2001年よりベルギービールに関する講座、セミナー活動をスタート。
2008年より愛知大学、愛知淑徳大学等でベルギービール講座開講。
「ベルギービールを通じて日本とベルギーの架け橋に」というコンセプトのもと、
講演やセミナーにも積極的に取り組んでいる。
共著に『ベルギービール大全』(三輪一記+石黒謙吾/アートン)、
『ベルギービール大全<新>』(三輪一記+石黒謙吾/アスペクト)。
一般財団法人 日本ベルギービール・プロフェッショナル協会 代表理事。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。