[イベント]2012.2.20

ビールの敷居は下げるべきなのか?

先週、「美味しいビールの悲しい風景」について書いた。
ザックリ要約すると「美味しいビールも提供のされ方で台無しになってしまう」ということである。

先週のコラムでも触れたが「今年はクラフトビールが“くる”」らしい。
そんな中、「クラフトビールの敷居を下げる」「ハードルを下げる」という言葉も良く耳にするようになった。

敷居? ハードル?
私は “敷居”というものをあまり感じないので具体的に“敷居”とは何かと尋ねると
「値段が高い」
「種類やスタイル多くて戸惑う」
「知識がないと楽しめない感じがする」
「一部のマニアの嗜好品っぽい」
「このグラスで飲まないとダメとか言われてめんどくさい」
などといった答えが返ってくる。

確かに、お勉強っぽくなると楽しめないのはよくわかるし、新しく参加しようとする人を排他するムードがあるとするならば反省するべきだ。

しかし、「敷居が高い」と言う人は“敷居”をどれぐらい下げれば“乗り越えてくる”のか? “またいでくれる”のか?

敷居が高いという人の“敷居の高さ”には個人差があるわけで、どこまで下げればいいのだろうか? 
少し下げても、必ず「まだ高い」という人は出てくるわけで、なんだかいたちごっこな気がする。

極端かつ独断的意見だが、私は「敷居が高い」と言う人は、敷居を言い訳にしているだけで、どんなに下げても乗り越えてこないと思っている。
一歩ゆずって、彼らが言う具体的な“敷居”を下げ、その人が入って来たとしても、その人は下がった敷居からまた簡単に出ていってしまう気がする。

敷居というのは、敷居という言葉を使う人の心の中に存在するものであり、誰もその高さを判断することができない。
同じ高さの敷居でも、ある人にとってはとてつもなく高く、ある人にとっては気にとまらないほど低いものかもしれない。
そして、その敷居がどんなに高くてもまたごうとする人もいれば、1mmの段差もまたごうとしない人もいる。

極論を言うと、私はビールの「敷居を下げる必要はない」と思う。むしろ「下げるべきではない」と思う。

私はビールに敷居などないと思っているが、敷居があると感じる人がいるのならば、敷居は存在するに違いない。(いくぶん哲学的な言い回しになってしまったが…)

そこに敷居があるとするならば、必要とされていることはそれを「下げる」ことなのだろうか? 

安易に敷居やハードルを下げるよりも「そこをまたいだり超える手助けをする」ほうが良いと考えるのは私だけだろうか?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

001藤原 ヒロユキ

この記事を書いたひと

藤原 ヒロユキ

ビール評論家・イラストレーター

ビアジャーナリスト・ビール評論家・イラストレーター

1958年、大阪生まれ。大阪教育大学卒業後、中学教員を経てフリーのイラストレーターに。ビールを中心とした食文化に造詣が深く、日本ビアジャーナリスト協会代表として各種メディアで活躍中。ビールに関する各種資格を取得、国際ビアジャッジとしてワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル、チェコ・ターボルビアフェスなどの審査員も務める。日本外国特派員協会会員。ビアジャーナリストアカデミー学長。著書「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎刊)は台湾でも翻訳・出版されたベストセラー。近著「BEER HAND BOOK」(ステレオサウンド刊)、「ビールはゆっくり飲みなさい」(日経出版社)が大好評発売中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。