[イベント]2010.10.4

ヨーロピアンビアフェスティバル

10/1(金)、有楽町の交通会館で「ヨーロピアンビアフェスティバル」がおこなわれた。
会場には、日本未入荷のビールを含む、北ヨーロッパのビールが30種類余り並び、多いに賑わった。

気になった銘柄を幾つか紹介しよう。


ラーデルベルガー・ピルス
 イエナ社が輸入しているジャーマンスタイル・ピルスナー。クリアーな苦味が印象的だ。今回は日本初の樽生でのサービングである。
 すでにボトルは何度も飲んでいて、その度「素晴らしい」と感じていた逸品だが、樽生はさらにフレッシュな印象を与えてくれた。今後は継続して樽生も輸入されるとのことで、各所ビア・パブで飲むことが出来る。楽しみだ。
イエナ社はすべてリーファー(定温)コンテナーで輸入しているので状態が素晴らしい。


ニューキャッスル・ブラウンエール
 イングランドの北東部(イギリス全体からすると東部中央あたりに位置する)にあるニューキャッスルという町で生まれたブラウンエール。ホップの苦味は控えめで、ナッツやキャラメルを思わせるモルトの香りが全面に出ているビールだ。
 以前から日本に輸入されていたが、透明ボトルということもあり、オフフレーバー(特に日光臭)が付いたものが多かった。
 今回は、新規にアイコン・ユーロパブ社が輸入しているものを飲んだのだが、実に素晴らしかった。モルトの香りに加えて、みずみずしいフルーティーなフレーバーが、とても心地よかった。品質管理に気を配る輸入会社が輸入したビールは本当に美味しいと感激した。ニューキャッスル・ブラウンエール、これからはもっと飲みたいと感じた。


Alpirsbacher Hefeweiss Hell
 今回初めて見るビールである。クローブにも似たフェノール香が上品に漂う、上質のへーフェ・ヴァイツェンである。


Waldhaus Diplom Pils
 ノーブルなホップアロマとシャープな苦味が素晴らしい。このビールは日本未入荷のビール。残念だ。輸入代理店が決まればいいのだが…。

 また、今回の会場でとても面白い本を発見した。
「ビールを楽しむドイツ語」だ。
ビールにまつわるドイツ語が満載でとても面白い。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

001藤原 ヒロユキ

この記事を書いたひと

藤原 ヒロユキ

ビール評論家・イラストレーター

ビアジャーナリスト・ビール評論家・イラストレーター

1958年、大阪生まれ。大阪教育大学卒業後、中学教員を経てフリーのイラストレーターに。ビールを中心とした食文化に造詣が深く、日本ビアジャーナリスト協会代表として各種メディアで活躍中。ビールに関する各種資格を取得、国際ビアジャッジとしてワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル、チェコ・ターボルビアフェスなどの審査員も務める。日本外国特派員協会会員。ビアジャーナリストアカデミー学長。著書「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎刊)は台湾でも翻訳・出版されたベストセラー。近著「BEER HAND BOOK」(ステレオサウンド刊)、「ビールはゆっくり飲みなさい」(日経出版社)が大好評発売中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。