[イベント]2018.1.9

『世界のビール図鑑』ガイアブックスよりまもなく発売!!

ガイアブックスクラフトビールステファン・ボーモントティム・ウェブ世界のビール図鑑図鑑村松静枝熊谷陣屋

『世界のビール図鑑』日本語版が、ガイアブックスよりまもなく発売されます。(amazonでは明日 1月10日から)

著者は世界屈指のビール・ライターである、ティム・ウェブとステファン・ボーモント。世界各国・各地域のビール事情が、カラー写真と地図を交えて詳しく解説されています。また、ビールの基本的な知識(歴史や醸造、スタイルなど)に始まり、ビールの楽しみ方(買い方、注ぎ方、味わい方、フードペアリングなど)を網羅しており、ビールの事がこの一冊に詰まっています。

この日本語版の翻訳にあたっては、ビールに関する用語や味・香りの表現などをビール初心者でもわかりやすいように考慮したとのこと(監修の熊谷陣屋氏)、とっても読みやすい解説文になっており、ビールで言えばとってもドリンカブルな一冊。原題『The World Atlas of Beer』の通り、ビールの事を知り・楽しむための地図帳として、私たちを導いてくれます。

豪華装丁で美しいカラー写真もたくさん掲載されており、世界中を旅しているような、眺めているだけでもとっても楽しい、ビールファンの書棚に是非とも揃えたい一冊です。

 

『世界のビール図鑑』発売記念イベントが各地で開催されます!
監修者の熊谷陣屋氏が主催するイベントが、全国各地で開催される予定です。各回さまざまな趣向で実施され、業界関係者の出演や一緒にビールを味わいながらなど、楽しいイベントです。お近くで開催の際は是非参加してみてはいかがでしょうか?

『世界のビール図鑑』発売記念イベントのお知らせへ

 

◆『世界のビール図鑑』:ガイアブックス

著者:ティム・ウェブ
   ステファン・ボーモント
監修:熊谷 陣屋
翻訳:村松 静枝
判型:A4変型(297×235×24mm)
ページ数:272頁

 

著者:ティム・ウェブ (TIM WEBB)

イギリス屈指のビール・ライターであるティム・ウェブは、ベルギー、イギリス、そしてドイツのビアスタイルへの深い造詣によって世界的に高い評価を得ているだけでなく、この40年間に復活を遂げたクラフトビールと伝統的ビールに関する豊富な知識も好評を博している。
カナダのビール・ライター、ステファン・ボーモントと共同で著した“The World Atlas of Beer”の初版(未邦訳)は11刷を重ね、9カ国語に翻訳された実績を持ち、2016年8月に出版された第2版と合わせて、これまでに欧米で数々の賞を受賞しているほか、本作から派生して出版された“Pocket Beer Book(未邦訳)”もこれまでに第3版が2刷を重ねている。また、“Good Beer Guide Belgium(未邦訳)”は1992年の初版以来、2014年3月までに9版を数え、イギリスのビール関連ジャーナリストなどから成る団体「ブリティッシュギルド・オブ・ビール・ライターズ」から海外ビール分野の書籍に与えられる最高賞を、2005年、2009年、2014年の3度にわたって受賞している。ベルギーが生んだ野性味豊かなランビック・ビールの入門書、“LambicLand: a journey round the most unusual beers in the world(未邦訳)”の執筆にも参加している。イギリス南西部ブリストルに在住。趣味は自転車。

 

著者:ステファン・ボーモント (STEPHEN BEAUMONT)

現在のビール界でもっとも権威あるライターに名を連ねるとともに、蒸留酒や食、旅に関する執筆でも広く知られている。
ティム・ウェブとの共同執筆により、2012年に“The World Atlas of Beer(未邦訳)”の初版を11カ国で出版。続いて 共同執筆した“The Pocket Beer Guide(2013年版及び2014年版。未邦訳)”は2刷を数えた。いずれの本でもボーモントは、これまで蓄積してきた比類ない豊富な知識を基に、驚異的なペースで拡大を続けるこんにちのビールの世界の動向を活写している。また、ラガー、エールの違いを問わず、世界のあらゆる地域でつくられるほぼすべての良質ビールを精力的に試飲して知り尽くしている。
上記2冊以外に、ボーモントは2015年の“Beer & Food Companion(未邦訳)”、“The Great Canadian Beer Guide(未邦訳)”の初版と第2版など、8冊の著書及び共著を発表している。さらに、1000ページ近い大著、“1001 Beers You Must Taste Before You Die(未邦訳)”をはじめ、アルコール飲料界の伝説的ライター、故マイケル・ジャクソンへの賛辞を表した“Beer Hunter, Whisky Chaser(未邦訳)”、2015年に発刊された“The Handbook of Porters & Stouts(未邦訳)”など、9冊の書籍に執筆参加している。

 

監修者:熊谷 陣屋 (くまがい じんや)

記者・編集者・翻訳者。北陸先端科学技術大学院大学情報科学研究科博士前期課程修了。2008年から、世界最大のビール審査会であるワールドビアカップ(米国)、毎年開催では世界最大の審査会であるオーストラリアンインターナショナルビアアワード、毎年開催では最も古い歴史を持つ審査会であるインターナショナル・ビアカップ(日本)などで審査員を務めている。2012年から国内最大のビール専門誌『The Japan Beer Times』上級記者(嘱託)。
2016年に初の訳書『日本のクラフトビールのすべて』(マーク・メリ著)が発行されたほか、AI(人工知能)、働き方改革、日本の大学の歴史に関する共著も。ビールと料理をうまく組み合わせるマリアージュのプロである「ビアコーディネイター」としては、マリアージュの面白さを体験するワークショップを50回以上開催している。

 

翻訳者:村松 静枝  (むらまつ しずえ)

英日翻訳家。静岡県在住。銀行、インテリア関連企業に勤務後、カナダ生活を経て翻訳業に就き、出版翻訳家を志して藤岡啓介氏に師事。訳書に、『世界のウイスキー図鑑』(共訳、ガイアブックス)、『世界に通用するビールのつくりかた大事典』(エクスナレッジ)、『The Wine ワインを愛する人のスタンダード&テイスティングガイド』(日本文芸社)、『デイビッド・セインの日本紹介──政治・経済・歴史・社会編』、『デイビッド・セインの日本紹介──生活・文化・伝統・観光編』(ともにIBC パブリッシング)、『偉大なアイディアの生まれた場所 シンキング・プレイス』(共訳、清流出版)がある。ウイスキーの他にワインとナチュラルチーズを愛好する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

びあかずき

この記事を書いたひと

びあかずき

ビアジャーナリスト

みなさん、うまいビール飲んでますか!
ビール大好き、ビールってうまいだけでなく「楽しい!」って感じています。
是非この楽しさを、多くの方々にお伝えしたいです。
ビールのスタイル(種類)は100以上もあると言われ、世界中のたくさんの醸造所や工場などでつくられています。
ビールの銘柄って、世界中ではイッタイゼンタイいくつあるのでしょうか?
こんなにたくさん飲みきれないよ...って、うれしい悲鳴です。
さあ、今日もまた、うまいビールを一緒に楽しみましょう!!

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。