[イベント,ブルワー]2018.2.12

デビクラ・すいけん・カンピオン・YYGー4つの東京のブルワリーがその想いを語るー「TOKYO BREWER’S STORY」2月18日開催!

Five Good Inc.My CRAFT BEERTOKYO BREWER'S STORYY.Y.G.Brewery & Beer Kitchenカンピオンエール ブリティシュパブ&ブリューワリーデビルクラフトファイブ・グッド十条すいけんブルワリー東京ブルワーズストーリー

「カンピオンエール ブリティシュパブ&ブリューワリー」/「デビルクラフト(DevilCraft Brewery)」/「十条すいけんブルワリー」/「Y.Y.G. Brewery & Beer Kitchen」
東京にあるこの4つのクラフトビール醸造所からブルワーが集結。その想いを聴き体験できるイベント「TOKYO BREWER’S STORY」が今週末2月18日(日)、東京・日本橋で開催される。

クラフトビールをすでに知っている人が楽しめるのはもちろんだが、このごろちょっと「クラフトビール」が気になり始めている人にこそ、ぜひ参加していただきたい体験イベントとなっている。

 詳細・参加の申し込みはこちらから→ http://ptix.at/aWsZqf

クラフトビールブルワーのライブを体感しよう

このイベントでは、東京にあり、独自のこだわりと情熱でユニークなビールを作り続けている魅力的な4つのブルワリーからブルワーが登壇し、それぞれのビールについてじっくりと語る時間が用意されている。
クラフトビールは、言わばブルワーの想いを込めた作品である。込められた物語・思い・理想。それを知ったうえで、実際にそのビールをテイスティングできる。

それはまるでライブハウスでアーティストのライブを聞くように、このイベントではブルワーのライブを味わうことができるのだ。そう、新たなビールの楽しみ方を知り、同じ目線でビールを楽しむ新しい友人との出会いを見つけることもできるだろう。知ること、感じること、感覚を共有すること。そんな体験をしに行こう。

「TOKYO BREWER’S STORY」開催への想い

Five Good Inc.代表・中村 淳之介氏はこのイベントについての想いをこう語ってくれた。

造り手(ブリューワー)が持つストーリーを知ることで、クラフトビールが持つそれぞれの個性を知り、クラフトビールへの親近感を持っていただけたらと思い、イベントを企画しました。
少しでも多くの人にクラフトビールを知り、そして味わっていただける機会になればと思っています。

そして、このイベントでクラフトビールを知ってくださった皆さんに、より気楽にクラフトビールに親しんで楽しんでいただければと思い、本イベントに参加していただいた方への特典として、イベント後にブルワリーに行っていただいた際に利用することができる、クーポンのようなものをご用意する予定です。
この特典だけで、2,500円のイベント参加費をほぼペイできます。

  • カンピオン: テイスティングセット 2,800円→2,500円
  • デビルクラフト: DevilCraftビール・ハーフパイント 1杯無料
  • すいけん: ビール小サイズ無料
  • YYG: お好きなビール1杯無料

主催は、クラフトビール総合情報メディア「My CRAFT BEER(http://mycraftbeers.com)」。クラフトビールに関する最新情報やイベント、国内のブルワリーやクラフトビールが楽しめるレストラン、ビアバー情報などを紹介している。
以下にプレスリリースから開催情報を抜粋して紹介する。

今回のイベントでは、東京を代表する4つのブルワリーを招き、クラフトビールを造り始めたきっかけ、ビール醸造の面白さ、クラフトビールを通じて成し遂げたい夢など、ビールにかける熱い想いを存分に語っていただくイベントを開催します。東京で醸造される最上級のクラフトビールを味わいながら、醸造家の思いに直に触れることができる貴重なイベントです!

生粋のクラフトビールファンはもちろん、クラフトビールを飲んだことはないけど興味はあるという方、美味しいビールを飲みながら新しいつながりを作りたいという方、どなたでも大歓迎です!つくり手のストーリーを聴きながら、ビールを楽しむ贅沢な時間を味わうイベントにぜひお気軽にお越しください。

TRAVEL HUB MIX 【写真提供:Five Good Inc.】


【イベント概要】
● イベント名:TOKYO BREWER‘S STORY
● 日時:2月18日(日)14:00~17:00
● 会場:TRAVEL HUB MIX(トラベルハブミックス)
● 住所:東京都千代田区大手町2-6-2
● アクセス: JR東京駅 日本橋口 徒歩1分(→地図
● 当日の内容:
13:30~:会場受付開始
14:00:My CRAFT BEER(http://mycraftbeers.com)のご紹介
14:10~15:10:第一部・ブルワーが語るマイクラフトビール(15分×4)
15:20~15:50:第二部・パネルディスカッション・質疑応答(30分)
15:50~17:00:ビール試飲会
17:00:終了

● 参加費:2,500円
※ 4ブルワリーのビールテイスティング(各一杯ずつ)参加費込み(二杯目以降は有料)
● 参加特典:各ブルワリーで利用できるお得なクーポン付
※内容は各ブルワリーによって異なります。
● 参加人数:100名(定員に達し次第締め切ります)

参加の申し込みはこちらから


【参加ブルワリーのご紹介】
1. カンピオンエール ブリティシュパブ&ブリューワリー
住所:東京都台東区西浅草2丁目2-2
URL : http://www.campionale.com/jp/

カンピオンエール ブリティシュパブ&ブリューワリー 【画像提供 Five Good Inc.】

2013年に西浅草でイギリス人オーナーによりオープンしたブルワリー併設のパブ。ブルワリーでは「ビター」などイギリス伝統的なエールスタイルを中心に週替わりで約20種類以上のビールを醸造し、パブスペースにて3〜5種類のビールをタンクから直接提供しております。店舗の内装はイギリスから家具を取り寄せ、落ち着いたイギリスのパブをイメージした作りをし、フィッシュ&チップスやイングリッシュ・ソーセージなどビールによく合う本格的なパブフードをお出ししております。

2. デビルクラフト(DevilCraft Brewery)
住所:東京都品川区広町1-3-22辰巳プレス
*ブルワリーでのビール販売は行っておりません。直営店をご利用ください
URL : http://www.devilcraft.jp/

デビルクラフト(DevilCraft Brewery) 【画像提供 Five Good Inc.】

アメリカで自家醸造を楽しんでいたジョン、マイク、ジェイソンのビール好き3人が日本で出会い、2011年にクラフトビールとシカゴスタイルピザの専門店をオープン。現在は、神田、浜松町、五反田の3店舗を展開し人気店となっています。4年後の2015年には、自社ブルワリーをオープン。正式に醸造をスタートしてから、わずか1年後、ビールのオリンピックとも呼ばれる世界的なコンペティション「ワールドビアカップ2016」のブリティシュインペリアルスタウト部門で見事に金賞を獲得。自社製ビールは、直営店にて常時7-9種類を提供しています。

3. 十条すいけんブルワリー
住所:東京都北区上十条2丁目7−13
URL : http://plusplus.suiken.beer

十条すいけんブルワリー 【画像提供 Five Good Inc.】

水質調査や壁面緑化などを行う水研クリエイトが設立した醸造所併設のブルーパブ。JR埼京線十条駅そばに2014年11月にビールの醸造を開始しました。一回の仕込みが150-180リットルと少ない分、ホップの効いたビールや、麦芽の風味のあるビールの他、スパイス、ハーブ、フルーツをふんだんに使ったビールなど、季節によって多様なビールを醸造していることが特徴です。醸造したビールを併設された「Beer++(ビアプラスプラス)」で提供しています。ログハウス風な手作りの店内で、自社栽培の野菜を使ったサラダやバッファローウィング、羊肉などを愉しむことができます。

4. Y.Y.G. Brewery & Beer Kitchen
住所:東京都渋谷区代々木2丁目18−3 オーチュー第1ビル
URL : http://www.yygbrewery.com/

Y.Y.G. Brewery & Beer Kitchen【画像提供 Five Good Inc.】

1階には一人でも気軽に立ち寄れる醸造所併設のバー。7階のレストランでは、”カジュアル・アメリカン・フレンチ料理”をクラフトビールと共にゆっくりと楽しんで頂けます。醸造所では毎週レシピを変えて300Lのオリジナルビールの仕込みを行っております。約5種類のオリジナルビールを常時バーとレストランで楽しんでいただくことができます。2017年インターナショナルビアカップにおいて、アメリカンスタイルIPA部門で銀賞など見事に3つメダルを獲得しました。


主催者概要
・主催者:クラフトビール総合情報メディア「My CRAFT BEER」編集部
・サイトURL: http://mycraftbeers.com/
・運営会社:ファイブ・グッド株式会社/ハーチ株式会社

参加の申し込みはこちらからhttp://ptix.at/aWsZqf

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

よしのたま

この記事を書いたひと

よしのたま

ビアジャーナリスト

1965年、南信州生まれ。峻険な南アルプスと中央アルプスに囲まれた自然豊かなリンゴ農家に育つ。1女1男の母。大学卒業後1年間、まだ東西に分裂していた時代に南ドイツに遊学し、各街々の地ワインにハマる。帰国後は、翻訳会社、雑誌編集、組紐製造など好奇心のままに仕事を転々とし今に至る。その好奇心はビールにも顕れ「好きなビールは?」と訊かれた際の返事が同じだったことがない。目下のところ友人のフォトグラファーが連載中のビアエッセイの影響で、アジアのビールに興味津々。趣味は着物だが、茶道や華道といった着物っぽいことには一切通じていないため、結局のところ着物を着てビールを呑みに行くというのが趣味になっている。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。