[イベント]2010.10.1

WDMC日本大会 雑感・外呑みの愉しみ

ベルギービールワールド ドラフト マスター コンペティション

前々回よりお伝えしている「World Draught Master Competition(ワールド ドラフト マスター コンペティション)」の話題です。今回は取材する中で感じたことを。

前回に引き続き審査員を務めたJBJAの石黒謙吾さんや、ベルギービール広報センターの佐藤ひとみさんらに感想を聞いてみると、「全体のレベルが上がった」とのこと。昨年は明らかに上位を狙える参加者が数名だったのに対し、今年はその人数が増えていたこと、また参加者のスキルがボトムアップされていた、というのが共通の見解でした。

参加者のパフォーマンスを見てまっさきに思ったのは「いつもやっていることとはいえ、複数の審査員に至近距離でガン見されながらのパフォーマンスはかなり緊張するだろうな」です。かつてベルギーでトライされた前述の佐藤さんによると、「緊張のあまり普段はやらないことをやってしまう」のだそうです。例えばカウンターに栓抜きを置き忘れたり、グラスの持ち手以外のところを持ってサーブしてしまったり、ロゴを客側に向けていなかったり…。

このために2カ月以上練習したという参加者や、直前はほぼ徹夜状態だった人もいらっしゃいました。店舗によっては本番で使用するグラス洗浄環境が揃っていないため、頭の中でシミュレーションしたという方も多かったようです。水を張ったタライを2つ並べて練習したり、「大会前は(環境が整っている)ベルジアン・カフェで1カ月くらい夜バイトさせてもらいたいなー」とこぼす方も。そんな中でも、大きな失敗をする方はまったくおらず、みなさんが大健闘なさったレベルの高い大会だったと思います。

ところで、事前のプレスリリースを拝見する中で一番気になっていたのが、「表現力」という言葉。この大会における「表現」とはどういうことなのか?

一連の流れを拝見したり、審査員の方々に話を伺いながら出た私なりの結論は、ステラ・アルトワのプレゼンテーション(いかに興味を持ってもらえるか、飲みたいと思ってもらえるか)や接客態度はもちろん、グラスを洗ったり汚れをチェックしたりするその動作を、いかにエレガントかつダイナミックに見せるかである、ということでした。

石黒さんも「両手に持ったグラスを高く上げてチェックする、あの仕草がものすごくカッコイイよね。やってみたい!」おっしゃっていました。つまりはオーダーをするところから運ばれてきたビールに口を付けるまで、その一連の流れがエンターテインメントなのですよね。その流れ全体を楽しむことが「ビールを味わい尽くす」ことにつながるのかなと。

いまさら言うまでもありませんが、ビールの楽しみとは液体を味わうだけにはとどまりません。お店の雰囲気はもちろん、ホールの人はどんなビールを勧めて自分を“その気”にさせてくれるのか、どのような注ぎ方・提供をしてくれるのか、想像した味と比べてどうなのか。お店の方とのコミュニケーションを含めた一連の時間を楽しみ尽くすのが「外呑み」の極意なのだと、WDMCを通じて、改めて感じた次第です。ぜひ、お店でお気に入りの銘柄以外のものを説明してもらったり、カウンターに座ってビールが注がれる様子を眺めたりしてみてほしいと思います。

最後に。WDMC関連記事では、東京・神田のシャン ドゥ ソレイユから参加された新妻正人さんが書かれているブログが軽妙な文章で特に楽しめました。参加後の感想も書かれていますので、ぜひご一読を。■
注ぎ方によって味は変わる参加者には緊張の色が見える優勝者の土屋怜子さんフランダーステイルの濱田聡一郎さんシャン デュ ソレイユの新妻正人さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

003 野田 幾子

この記事を書いたひと

野田 幾子

ビアジャーナリスト/ビアアンバサダー

94年にベルギービール、96年に国産地ビールの美味しさに目ざめ、ビアアンバサダー活動を開始。2007年にビアバー・ビアパブムック『極上のビールを飲もう!』(エンターブレイン刊)の全体構成、執筆、編集を皮切りに、ほぼ毎年シリーズを刊行。雑誌でのクラフトビール特集の執筆/監修、共著、講習、イベント企画など多数。
食のキュレーションサイト「ippin」でクラフトビールキュレーターを務める。
http://r.gnavi.co.jp/ippin/curator/nodaikuko/

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。