[イベント]2012.3.28

ウ・ズラテーホ・ティグラでピルスナー・ウルケル

ブリュッセルからプラハに移動してきました。

プラハは中世にタイムスリップしたような、実に美しい町です。

以前から行きたかった、ウ・ズラテーホ・ティグラに行って来ました。

店内に入ってもウェイターさんは無視。(笑)
自分で何とか席を見つけなくてはいけないようです。
最初に座った席は常連さん専用だったらしく、すぐに移動。
道路側の席を取ることができました。

しかし30分も経たないうちに店内は大満席に。。。
早めに入っておいて良かったです。

ここで飲むピルスナー・ウルケルは素晴らしいの一言。
泡はきめ細かく、フルーティーかつコクもしっかりとあります。
苦味と旨みのバランスが素晴らしい味わいです。

ビールは何も言わなくてもわんこそばの要領で、どんどんおかわりがきます。
伝票はビールを飲んだ杯数を棒線で書くだけ。
ただし料理だけは手書きです。

今回はピルスナー・ウルケルの500mlを2杯とシュニッツェルを頼んで、わずか206コルナ。(全部で1,000円程度です。)

安い、美味い、早い!

明日はピルスナー・ウルケルの醸造所を訪れます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

この記事を書いたひと

三輪 一記

一般財団法人 日本ベルギービール・プロフェッショナル協会 代表理事

1967年、名古屋市生まれ。
1990年、関西大学商学部卒業。26歳のときにベルギービールと出会い、以来ベルギービールを愛し、仕事でというよりライフワークとしてベルギービール普及に情熱を傾け、毎年ベルギーを訪れている。
2001年よりベルギービールに関する講座、セミナー活動をスタート。
2008年より愛知大学、愛知淑徳大学等でベルギービール講座開講。
「ベルギービールを通じて日本とベルギーの架け橋に」というコンセプトのもと、
講演やセミナーにも積極的に取り組んでいる。
共著に『ベルギービール大全』(三輪一記+石黒謙吾/アートン)、
『ベルギービール大全<新>』(三輪一記+石黒謙吾/アスペクト)。
一般財団法人 日本ベルギービール・プロフェッショナル協会 代表理事。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。