[イベント]2012.5.9

ピルスナー・ウルケル工場見学(1)

チェコピルスナー・ウルケルピルゼンプルゼニュ

BBW名古屋も終わりましたのでチェコ紀行に戻ります。

この日はプラハから電車で約1時間40分のところにあるプルゼニュ(ピルゼン)へ。
もちろん、ピルスナー・ウルケルの醸造所を見学するためです。

時間も予定通り、快適な列車の旅を終えてプルゼニュ駅へ。
予定の時刻まで1時間ほどあるので余裕かと思いきや、道に迷う迷う。
仕方が無いので道行く人に訪ねますが、驚いたことにまったくと言って良いほど英語が通じません。
なんとか身振り手振りで教えてもらった方向に歩いていくと、工場の別の出入り口だったり。。。
当たり前ですがかなり広い敷地です。

それでも何とか見学ツアー開始15分前にビジターセンターにたどり着くことができました。
この日は汗ばむくらいの陽気でお天気もばっちり。

ここでは、チェコ語、ドイツ語、英語でのツアーに参加することができます。
ピルスナー・ウルケルの工場だけなら(他にもセットのツアーなどがあります)、
100分で150コルナ(600円ちょっとくらい)。
英語しか選択肢がありませんので英語のツアーを選択。

ただし、写真を撮るには一人あたり100コルナ(400円くらい)が必要になります。
日付の入った緑のステッカーをもらって胸に貼りつけます。
意外とチェックも厳しいようです。
ここではもちろんステッカーを購入。

少しの待ち時間の間にビジターセンター内を見学。
ビール醸造の一連の行程を壁一面で表現しています。

木樽のメンテナンスのビデオもあったりしてなかなか楽しめます。

さあまもなく出発です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

この記事を書いたひと

三輪 一記

一般財団法人 日本ベルギービール・プロフェッショナル協会 代表理事

1967年、名古屋市生まれ。
1990年、関西大学商学部卒業。26歳のときにベルギービールと出会い、以来ベルギービールを愛し、仕事でというよりライフワークとしてベルギービール普及に情熱を傾け、毎年ベルギーを訪れている。
2001年よりベルギービールに関する講座、セミナー活動をスタート。
2008年より愛知大学、愛知淑徳大学等でベルギービール講座開講。
「ベルギービールを通じて日本とベルギーの架け橋に」というコンセプトのもと、
講演やセミナーにも積極的に取り組んでいる。
共著に『ベルギービール大全』(三輪一記+石黒謙吾/アートン)、
『ベルギービール大全<新>』(三輪一記+石黒謙吾/アスペクト)。
一般財団法人 日本ベルギービール・プロフェッショナル協会 代表理事。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。