[ビアバー]2012.5.21

スカイツリー横「東京ソラマチ」に「世界のビール博物館」

東京スカイツリーと併設する「東京ソラマチ」7階にある「世界のビール博物館」が凄い。

まず面白いのは、店内に5か国のバーカウンターが再現されていることだ。
陶器のビアサーバーが並ぶドイツ風のビアカウンターから始まり、シックな木製の柱が目を引くロンドンパブ・カウンター、電飾が華やかなアメリカンスタイル・カウンター、銅の輝きが美しいチェコ風カウンター、アールヌーボーのセンスが光るベルギービアカフェ・カウンターと続いている。


ドイツ・カウンター


イギリス・カウンター


アメリカ・カウンター


チェコ・カウンター


ベルギー・カウンター

それぞれのカウンターにタップが並び、常時15種類以上の樽生ビールを飲むことが出来る。さらに、ボトルビールを含めると150種類のビールが楽しめる。
数もさることながら、そのセレクションが素晴らしい。

今まで日本では飲むことのできなかった、イギリスのエンデバー、トゥーパインツ、モンクマンズ・スローター、アメリカのパイク、ハイウォーター・ホップライオットIPA、リトリビューションインペリアルIPA、チェコのシェンコヴニ・ヘール10、ヨジャック・グランドプレミアム、メルリン・チェルシー、ベルギーのリオン・ア・ブリュム・カリオカ、リオン・ア・ブリュム・ボスティッシュといった銘柄が樽生で飲めるのが嬉しい。

料理もアイスバインやソーセージ、フィッシュ&チップス、BBQステーキ、チェコ風カツレツ(ジーゼック)、ムール貝のビール蒸しなど各国のビールに合う料理が並ぶ。


ムール貝のビール蒸し。

各国のカウンターに囲まれたテーブル席、さらにはスカイツリーを望むことが出来るテラス。300席を超える広々とした店内は解放感もあり魅力的だ。

また、限定ボトルビール「東京スカイツリータウンビール」も用意されている。

入り口横に、世界のボトルビールを販売する「ビア・マルシェ」もあり、お土産に買って変えることが出来るのもありがたい。

ぜひ訪れたい、そして何度も通い全銘柄を飲みたいお店である。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

001藤原 ヒロユキ

この記事を書いたひと

藤原 ヒロユキ

ビール評論家・イラストレーター

ビアジャーナリスト・ビール評論家・イラストレーター

1958年、大阪生まれ。大阪教育大学卒業後、中学教員を経てフリーのイラストレーターに。ビールを中心とした食文化に造詣が深く、日本ビアジャーナリスト協会代表として各種メディアで活躍中。ビールに関する各種資格を取得、国際ビアジャッジとしてワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル、チェコ・ターボルビアフェスなどの審査員も務める。日本外国特派員協会会員。ビアジャーナリストアカデミー学長。著書「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎刊)は台湾でも翻訳・出版されたベストセラー。近著「BEER HAND BOOK」(ステレオサウンド刊)、「ビールはゆっくり飲みなさい」(日経出版社)が大好評発売中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。