[テイスティング]2012.8.13

「ビア・イラスト・コレクション」⑤「カンティヨン・グーズ」

夏休み特別企画「ビア・イラスト・コレクション」

夏休み特別企画として、「ビア・イラスト・コレクション」をお届けしています。
毎日、1本ビールを選び、イラストと解説で紹介します。

第5日目は、ベルギーの「カンティヨン・グーズ」
ブリュッセルの小便小僧像がラベルに描かれています。
赤いケシの花はきれいな土壌でしか育たない象徴として描かれておりBIOの証です。

「カンティヨン・グーズ」
カンティヨン醸造所はブリュッセル南駅から徒歩5分の場所にある。
ここは博物館も兼ねていて、古い醸造設備を見ることが出来る。
絶対に見逃してはならないのが最上階にある浅いプールのような冷却槽だ。
煮沸が終了した麦汁はこの冷却槽に注がれ一晩放置され、空気中を浮遊する野性酵母を取り込むことが出来る。これこそランビックのユニークな個性を生む工程だ。
この古典的製法で造られるランビックはレモン果汁やヴィネガーを思わせるほどの酸味を生む。

ランビックは、木樽で3年間熟成したドライで酸味の強い古酒と1年熟成のまだ甘味が残っている新酒をブレンドしてボトリングしたグーズ、チェリーなどの果実を漬けたフルーツランビックとして飲むのが一般的だ。

なお、イラストと原稿は2012年4月に「大和書房」から出版された「だいわ文庫:本当に飲みたい世界のビール」に掲載されたものである。
解説は一部だけを抜粋しているので、続きをご覧になりたい方はこちらで。

日本ビアジャーナリスト協会 フェイスブック
http://www.facebook.com/JBJA.jp
上のURLをポチッとして、開いたJBJAページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。
よろしくお願いします!!


「ビアジャーナリスト・アカデミー」第一期生募集中!
  詳しくは”こちら”まで。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

001藤原 ヒロユキ

この記事を書いたひと

藤原 ヒロユキ

ビール評論家・イラストレーター

ビアジャーナリスト・ビール評論家・イラストレーター

1958年、大阪生まれ。大阪教育大学卒業後、中学教員を経てフリーのイラストレーターに。ビールを中心とした食文化に造詣が深く、日本ビアジャーナリスト協会代表として各種メディアで活躍中。ビールに関する各種資格を取得、国際ビアジャッジとしてワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル、チェコ・ターボルビアフェスなどの審査員も務める。日本外国特派員協会会員。ビアジャーナリストアカデミー学長。著書「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎刊)は台湾でも翻訳・出版されたベストセラー。近著「BEER HAND BOOK」(ステレオサウンド刊)、「ビールはゆっくり飲みなさい」(日経出版社)が大好評発売中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。