[テイスティング]2010.11.1

Rader(ラデル)・テイスティングレポート

Rader(ラデル)アンバー
アルコール度数10.5%

アンズ色がかったライトブラウン。くすみがある。泡はリッチで、微かにベージュの色調を持つ。
モルトの甘味とグレープやプラムを思わせるフルーティー・フレーバーが心地よい。わずかな酸味も感じバランスがとれている。
アルコールの温かさと芳醇さを感じるが、尖ったアルコール感ではなくまろやか。ミディアムフルボディでリッチな味わいだ。フィニッシュにはわずかな苦味が余韻となる。
醸造の段階でウィスキーの原液が使われている。1998年に生産開始。

ビーフストロガノフ、牛煮込み、すき焼き、ジビエ煮込み、ベーコンなど燻製食材や燻製料理、ごぼうなどの根菜、ブラウンソース、トマトソースなどに合う。

Rader(ラデル)ブロンド  
アルコール度数6.5%

くすみのあるレモンイエロー。純白の泡が美しい。
グラスに鼻を近づけると甘い香り、栴檀や丁字に似たエキゾチックなアロマを感じることが出来る。口に含むとわずかな酸味としっかりとした甘味、加えてマンゴ、レモンや甘夏といった柑橘系のフルーツを思い出させるフレーバーが広がる。
醸造の段階でジェニバーから抽出した蒸留液を加えてある。ジンに似た爽快感が楽しめる。2001年に製造開始。

マッシュルームなどキノコ類、玉子料理、鶏肉料理、キャベツ、玉ネギ、クリームソース、オリーブオイルなどに合う。

輸入元
㈱友和貿易:TEL:03-3463-7712  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

001藤原 ヒロユキ

この記事を書いたひと

藤原 ヒロユキ

ビール評論家・イラストレーター

ビアジャーナリスト・ビール評論家・イラストレーター

1958年、大阪生まれ。大阪教育大学卒業後、中学教員を経てフリーのイラストレーターに。ビールを中心とした食文化に造詣が深く、日本ビアジャーナリスト協会代表として各種メディアで活躍中。ビールに関する各種資格を取得、国際ビアジャッジとしてワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル、チェコ・ターボルビアフェスなどの審査員も務める。日本外国特派員協会会員。ビアジャーナリストアカデミー学長。著書「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎刊)は台湾でも翻訳・出版されたベストセラー。近著「BEER HAND BOOK」(ステレオサウンド刊)、「ビールはゆっくり飲みなさい」(日経出版社)が大好評発売中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。