[イベント]2010.11.11

Canned Beer 2

一週間早!関東(川崎)ではだいぶ紅葉が進んで来てます。
朝晩もだいぶ寒くなって来てる感じです。濃いビールが美味しい季節。
バーレーワイン、インペリアルスタウト、ウインターウオーマー、etc
秋から冬にかけて楽しみが広がります。

先週からの続きで缶(Can)ビールの話です。
缶の歴史の話も面白いんですが省きます。
簡単に言うと、缶もかなり進化した。という事。
アルミと内容物が絶対接触しないで、うすいコーティングが開発されたり、
印刷も有害インクを使わない方法を開発したり。
しかしまだまだCanning(缶に入れる工程)にはコストの問題が大きい。

缶の利点として上げられる点:
・太陽光線が一切入らない
・リサイクル率が断然ガラスよりいい
・ボトルより軽い
・ボトルより箱(トラック)の容積率が低い
等がある。要は缶でビールを工場から送り出せば、同じ24本でも
箱が小さくなって、軽くなる。必然的に輸送費が安くなる。
輸送費が安くなる=ビールの値下げ、エコに繋がる。
消費者もいままで持ち込めなかった、コンサート、野球場、割れる心配
がないので気軽にキャンプ、等に持って行ける。
自宅でも小さくつぶしてリサイクルに出せる。

これらの利点はあるが、工場側の初期投資が大きい。
来週はその話。
ちょっと固い話ですが。(アルミは柔らかいんだけどね)

アメリカビールの情報は
twitter : craftheads
飲むなら : http://craftheads.jp/


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。