[イベント]2010.11.22

たかがビール、されどビール

ビールにジャーナリズムなんていかがなものかという御意見に対して、私のほうからも意見を述べさせていただこう。本当にビールが「たかが」なのだろうか? その「領域が狭すぎる」のだろうか?

確かに、ビールに対して未だに「始めにちょっと飲む食前酒、スターター」と認識している人が多いようだ。
そんな人に言いたいのは「損してるよ」という一言である。
そーゆー私も15年前までは「損してる」一人だった。ビールはピルスナーしか知らずに「ビール好きです」なんて言っていた。それは、子供用のビニールプールに浸かり、泳ぎを悟ったと語るようなものだった。お恥ずかしい限りだ。
今、ビールの世界は競泳用の50mプールにもトライアスロンの3km遠泳コースでもとどまるものではない。広さの限りが見渡せないのだ。どこまでも続く大海である。そしてその深さは未知の深海と言ってもいい。

もし、ビールにジャーナリズムがいかがなものかという意見に対して百歩譲るとすれば、むしろ「狭い」ではなく「広すぎて網羅できるのか?」といったものである。突き詰めるとペールエールジャーナリスト、ヴァイツェンジャーナリスト、ベルジャンホワイトジャーナリスト…、麦芽ジャーナリスト、酵母ジャーナリスト、ホップジャーナリスト…、ビアグラスジャーナリスト、王冠ジャーナリスト、ビアTシャツジャーナリスト…、ビール販売ジャーナリスト、ビール酒場ジャーナリスト、ビール販売ジャーナリスト…などが生まれてもおかしくはない。

確かに、ビールはフランクな酒だ。肩肘張らずに楽しむ酒である。「たかがビール」と言われることはしょうがない。いや、むしろそれはビールの素晴らしい特性だ。誇らしい。「たかがビール」でおおいに結構だ。しかし、「たかがビール、されどビール」である。未だに「たかがビール」で止まっている人は不幸者だ。さぁ、早くこっちにおいでよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

001藤原 ヒロユキ

この記事を書いたひと

藤原 ヒロユキ

ビール評論家・イラストレーター

ビアジャーナリスト・ビール評論家・イラストレーター

1958年、大阪生まれ。大阪教育大学卒業後、中学教員を経てフリーのイラストレーターに。ビールを中心とした食文化に造詣が深く、日本ビアジャーナリスト協会代表として各種メディアで活躍中。ビールに関する各種資格を取得、国際ビアジャッジとしてワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル、チェコ・ターボルビアフェスなどの審査員も務める。日本外国特派員協会会員。ビアジャーナリストアカデミー学長。著書「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎刊)は台湾でも翻訳・出版されたベストセラー。近著「BEER HAND BOOK」(ステレオサウンド刊)、「ビールはゆっくり飲みなさい」(日経出版社)が大好評発売中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。