[ビアバー]2012.10.13

茨城県大子町「さとやまレストラン&カフェ」でネストビール

茨城県大子町で廃校になった小学校を利用した「さとやまレストラン」が期間限定でオープンした。

監修プロデュースは広尾の名店「アクアパッツァ」の日高シェフ。奥久慈軍鶏、凍みこんにゃく、常陸秋蕎麦、干し芋、栗、リンゴといった茨城県北部の食材がイタリアンテイストに仕上げられている。


奥久慈しゃもの親子カルボナーラ

 レストランとカフェになった小学校(旧上岡小学校)は、廃校後にNHK朝の連続TVドラマ「ひまわり」など多くのドラマや映画の撮影場所としても利用されたノスタルジックでムードあふれる木造校舎。
 その給食室が厨房に、教室はレストランとカフェに利用されオープンしたのだ。


タイムスリップしたかのような風景だ。

 そして、ビールファンとして嬉しいことは、このレストランとカフェで「常陸野ネストビール」を飲むことが出来るということだ。


教室で飲むビールは格別(?)なんだかちょっと不思議な風景だ。


教室自体はほとんど改装されていない。それがとても良い感じだ。


廃校前の張り紙や壁新聞も残されたままというのも面白い。


 期間は12/6まで。(毎水曜日定休)
レストランは席数も限られているので、必ず予約または電話でお問い合わせを。
http://oishii-satoyama.com/reserve/
 
また、期間中には、ライブ、工芸や農業体験のイベントも予定されている。
http://oishii-satoyama.com/event/

日本ビアジャーナリスト協会 フェイスブック
http://www.facebook.com/JBJA.jp
上のURLをポチッとして、開いたJBJAページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。
よろしくお願いします!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

001藤原 ヒロユキ

この記事を書いたひと

藤原 ヒロユキ

ビール評論家・イラストレーター

ビアジャーナリスト・ビール評論家・イラストレーター

1958年、大阪生まれ。大阪教育大学卒業後、中学教員を経てフリーのイラストレーターに。ビールを中心とした食文化に造詣が深く、日本ビアジャーナリスト協会代表として各種メディアで活躍中。ビールに関する各種資格を取得、国際ビアジャッジとしてワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル、チェコ・ターボルビアフェスなどの審査員も務める。日本外国特派員協会会員。ビアジャーナリストアカデミー学長。著書「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎刊)は台湾でも翻訳・出版されたベストセラー。近著「BEER HAND BOOK」(ステレオサウンド刊)、「ビールはゆっくり飲みなさい」(日経出版社)が大好評発売中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。