[イベント]2010.11.23

「作ってみたい」気持ちはわかるけど…

先日、ビールが好きという若い編集者と話をしていて、
『ベルギービール大全』のことに話が及んだ。
そしたら彼は、
「ビール作れるキット売ってるのみたことあるので作ってみたいんですよ」
と言っていろいろ聞いてきたので以下僕との会話を。

「アルコール度数1%以上のものは作ってはいけないんですよ」
「えっ!それはどう調整するんですか?」
「一言で言うと、砂糖の量をどかんと減らす」
「するとアルコールが含まれてない、だとおいしくないわけでしょ?」
「作ったことないからわかんないけど、うまくないんじゃないの」
「でも、どうせ自分で飲むだけならバレないからいいんじゃないすか。
作ってみようかなあ」
「普通に売ってるようなビール作るのは、れっきとした違法行為よ。
わかりやすく言うと、密造酒」
「おっとコウエー!!」
「いやまじで、きっちり罰則あるんだっての。捕まるよ、ほんとに」
「またまた〜(笑)」
「ほんとよ。マリファナの自家栽培と同じなんだから」
と冗談っぽく会話が次のネタに流れてしまったので
一応、自分でもちゃんと知っておこうと思って、
ウィキペディア見てみました→密造酒
ふむふむ、無免許で製造した者は酒税法第54条により
<5年以下の懲役又は50万円以下の罰金>なんですね。

ブルワリーの方々が大変な思いで税金の縛りで作っているビール。
ゆめゆめ、ビールを愛するものが、
違法行為を犯してビールを穢す事なかれ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

002石黒 謙吾

この記事を書いたひと

石黒 謙吾

著述家・編集者・日本ベルギービールプロフェッショナル協会 理事

1961年 金沢市生まれ。
映画化されたベストセラー『盲導犬クイールの一生』、『2択思考』『分類脳で地アタマが良くなる』『ダジャレヌーヴォー』『エア新書』『CQ判定 常識力テスト』など著書多数。三輪一記氏と共著に『ベルギービール大全』『ベルギービール大全<新>』がある。プロデュース・編集した書籍も、『ジワジワ来る○○』シリーズ(片岡K)、『ナガオカケンメイの考え』(ナガオカケンメイ)、『負け美女』(犬山紙子)、『読む餃子』(パラダイス山元)、『ネコの吸い方』(坂本美雨)、『純喫茶へ、1000軒』(難波里奈)、『凄い! ジオラマ』(情景師アラーキー)など、ジャンル多彩に200冊以上。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。