[イベント]2010.11.24

European Beer Star Award 2010

European Beer Star Awardコンテストベルギービール

今回は、ドイツのニュルンベルクで行われた「European Beer Star Award 2010」について。

今年で7回目となるこのコンテストには合計34の国から955種類(昨年は836種類)のビールがエントリー。
88人の審査員により44の異なるカテゴリーからそれぞれ金、銀、銅賞が選ばれました。

ベルギービール関連で受賞したのは下記の9銘柄。

○Belgian-Style Tripel部門: グーデン・カロルス トリプル(金) 、ギロチン(銀)
○Specialty Honey Beer部門: バルバール(銀)
○Belgian-Style Strong Ale部門: エイドリアン・ブラウワー ダーク・ゴールド(金)、ホプス(銅)
○Belgian-Style Ale部門: ブルッグス・ゾット ブロンド(金)
○Belgian-Style Dubbel部門: ブルッグス・ゾット ダブル(金)、グーデン・カロルス クラシック(銀)、ペトリュス ダブル(銅)

中でもロマン醸造所のエイドリアン・ブラウワー ダーク・ゴールドはなんと総合金賞にも選ばれています。
ドゥ・ハルヴ・マーン醸造所のブルッグス・ゾット2冠も素晴らしいですね!
(余談ですが、自分が輸入しているので余計にうれしいのです)

専門外ですがベルギービール以外にも目を向けてみました。

European-Style Mild Lager部門ではヨーロッパのビールは入賞せず、上からミャンマー、シンガポール、ベラルーシのビールが入賞。
German-Style Festbier部門など、German-Style ○○という部門ではほぼドイツのビールが独占しておりさすが。
逆にDry Stout、English-Style Bitter、English-Style Pale Ale、India Pale Ale、Porter部門など、本来イギリスのスタイルである部門では、ほとんどと言っていいほどアメリカのビールが入賞していたのが印象的。

そして忘れてはならないのが日本からの入賞。
Bottom fermented beer with alternative cereals部門でCOEDO Beniaka(金)、German-Style Märzen部門でCOEDO Kyara(銀)と、いずれもコエドブルワリーから入賞しています。
おめでとうございます!
まだ飲んだことが無いので、機会を見つけてぜひ飲んでみたいと思います。

詳しい入賞結果はこちらで見ることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

この記事を書いたひと

三輪 一記

一般財団法人 日本ベルギービール・プロフェッショナル協会 代表理事

1967年、名古屋市生まれ。
1990年、関西大学商学部卒業。26歳のときにベルギービールと出会い、以来ベルギービールを愛し、仕事でというよりライフワークとしてベルギービール普及に情熱を傾け、毎年ベルギーを訪れている。
2001年よりベルギービールに関する講座、セミナー活動をスタート。
2008年より愛知大学、愛知淑徳大学等でベルギービール講座開講。
「ベルギービールを通じて日本とベルギーの架け橋に」というコンセプトのもと、
講演やセミナーにも積極的に取り組んでいる。
共著に『ベルギービール大全』(三輪一記+石黒謙吾/アートン)、
『ベルギービール大全<新>』(三輪一記+石黒謙吾/アスペクト)。
一般財団法人 日本ベルギービール・プロフェッショナル協会 代表理事。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。