[イベント]2010.11.29

不幸な出会いは避けるべきだ

先日、ある会合の食事会に参加した。
食材は、蟹や寒ブリ、クロアワビなどを使った豪華な和食だった。
そして、供じられたのは、ピルスナー(淡色系下面発酵ビール)だった。

残念ながら淡色系下面発酵ビールは魚介類との相性があまり良くない。
なぜか?
ビールの中にはアルコールと二酸化炭素以外に多彩で複雑な香味成分が含まれている。これらは、香りや味わいとして私達を楽しませてくれるのだが、量が多いと人間が不快に感じるものもある。
その中のひとつに硫黄系の不快臭がある。これは、「蟹を食べた後に殻や甲羅を放置した臭い」と表現される。

実は、このフレーバーは淡色系下面発酵ビールには微量ながら含まれている。
もちろん、日本の大手ビール会社の造るビールには閾値を超える硫黄臭は残っていないので、普通に飲んでも不快には感じることはない。私は常々、日本の淡色系下面発酵ビールは世界でもトップクラスのクォリティーだと思っている。

しかし、蟹や生魚や貝などの魚介類とともに口にするとどうなるだろうか? 
本来は感じないほど微量の「蟹を食べた後に殻や甲羅を放置した」硫黄臭が”かけ算”となってしまうことがある。
皆さんも、刺身とともに淡色系下面発酵ビールを口にして、生臭さく感じた経験があるのではないだろうか?

このような組み合わせは、最も不幸なことであり、ビールにも料理にも悪い印象を与えてしまう。本来は素晴らしい味わいである料理とビールなのに、「どちらも不味い」と思ってしまうのだ。

私の今までの経験では、魚介類には濃色から黒色の下面発酵ビールか上面発酵ビール全般のほうが素晴らしいペアリングであり、素晴らしいハーモニーを奏でる。
今回の料理もシュバルツやスタウト、ドライホッピングされたペールエールやスパイシーなベルジャンエールなどで楽しめば両者の魅力は何倍にも広がったと確信している。

ビールと料理を組み合わせることは今後のビール文化発展のために必要不可欠のテーマである。
その際、幸福なベスト・ペアリングを考えることが最も重要だが、まず第一歩として「不幸な出会いを避けるという考え方も必要だ」と感じた食事会であった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

001藤原 ヒロユキ

この記事を書いたひと

藤原 ヒロユキ

ビール評論家・イラストレーター

ビアジャーナリスト・ビール評論家・イラストレーター

1958年、大阪生まれ。大阪教育大学卒業後、中学教員を経てフリーのイラストレーターに。ビールを中心とした食文化に造詣が深く、日本ビアジャーナリスト協会代表として各種メディアで活躍中。ビールに関する各種資格を取得、国際ビアジャッジとしてワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル、チェコ・ターボルビアフェスなどの審査員も務める。日本外国特派員協会会員。ビアジャーナリストアカデミー学長。著書「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎刊)は台湾でも翻訳・出版されたベストセラー。近著「BEER HAND BOOK」(ステレオサウンド刊)、「ビールはゆっくり飲みなさい」(日経出版社)が大好評発売中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。