[イベント]2010.12.7

ビール広告、撮影の話ー1

ビールの広告の写真、実にうまそうに写ってますね。
特に、瓶や缶やグラスについている水滴。
あれが肝であることは誰しも感じるところでしょう。
しかしあれ、ほとんどのケースで、
<油>であることをご存知ですか?

僕は、32歳まで雑誌の編集部で働いていました。
講談社の『PENTHOUSE』『Hot- Dog PRESS』に共に4年ずつ。
どちらもビジュアルの多い雑誌でしたからそれはもう撮影の日々。
『PENTHOUSE』ではグラビア、インタビュー、
カルチャーの作リ込みなどの撮影が多かったのですが
『Hot- Dog PRESS』では、メイン担当女の子特集以外に
「企業タイアップ」を担当しました。
隔週雑誌でしたが、各号に1本から2本と、
いろんなメーカーの広告的編集記事を作るんです。
当然、ブツ撮りが多くなり、それまで知っていた
ヌードグラビアのノウハウとはまったく違う、
ブツ撮りのさまざまなノウハウを現場で学びました。

オーディオ、整髪料、アメイジング系、飲食系などを多く担当しましたが
特に「お酒」は在籍中はのはすべて僕に回ってきていました。
よほど酒が好きだという雰囲気を漂わせていたのでしょう(笑)。

雑誌記事レベルですから、
ポスターなどのいわゆる「純広」と違って
さほど神経質にがちっと作り込みはしませんが
それでも、瓶、缶、グラスが出てくるカットはできるかぎり
旨そうに写そうとカメラマンと頑張ります。
肝は<シズル感>→(Yahoo!辞書)ってやつですね。

そこで知ったのが、冒頭に書いたこと。
ブツ撮りが専門のカメラマンに教えて頂いで初めて知ったのが
「アートマイザー」と言われるものでした。
小さめの瓶に<油>のような成分のこれが入っていて
霧吹きのような噴射口から吹きかけるんです。

おわかりと思いますが
撮影する時に、冷えた瓶やグラスについた水滴は
すぐに消えてしまうため、これを使うわけですね。

あと、粒も大きめにできるので
写真でも明確に見えるという狙いもあります。

というあたりで、また次回に続きます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

002石黒 謙吾

この記事を書いたひと

石黒 謙吾

著述家・編集者・日本ベルギービールプロフェッショナル協会 理事

1961年 金沢市生まれ。
映画化されたベストセラー『盲導犬クイールの一生』、『2択思考』『分類脳で地アタマが良くなる』『ダジャレヌーヴォー』『エア新書』『CQ判定 常識力テスト』など著書多数。三輪一記氏と共著に『ベルギービール大全』『ベルギービール大全<新>』がある。プロデュース・編集した書籍も、『ジワジワ来る○○』シリーズ(片岡K)、『ナガオカケンメイの考え』(ナガオカケンメイ)、『負け美女』(犬山紙子)、『読む餃子』(パラダイス山元)、『ネコの吸い方』(坂本美雨)、『純喫茶へ、1000軒』(難波里奈)、『凄い! ジオラマ』(情景師アラーキー)など、ジャンル多彩に200冊以上。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。