[イベント]2010.12.10

12.18『もやしもん忘年会2010』で試飲会&石川氏公開インタビュー

もやしもんイベントプレストンエール石川雅之試飲会

かもすぞ〜」としゃべくりながら空気中に存在する菌が見える…。

そんな不思議な能力を持つ主人公、沢木惣右衛門直保を中心に、農大での学園ドラマが繰り広げられる石川雅之氏著作の漫画『もやしもん』。カワイイ菌たちのインパクトは大きく、思わず微笑んでしまう作品で、アニメ化・実写ドラマ化もされています。この第8巻目ではクラフトビール(地ビール)が題材に取り上げられました。お読みになりましたか?

ビールの成り立ちや日本のクラフトビールについてきちんと真面目に考える良著ですが、圧巻は舞台となる某農大で開催した「オクトーバーフェスト」の緻密な描写。各クラフトビールのメーカーさんのロゴをあしらった大パレードが繰り広げられるという、クラフトビールファン垂涎の内容でもありました。ベルギービールジャパンの「木屋」さんロゴも登場してますよ。さらに、本作で話題となったピルスナー・ウルケルのドラフトを提供する店では同ビールがマッハで売り切れ、一時入手困難になるなどその影響は大きく、コアなビアファン以外のファン層も広げてくれた作品です。

さて前置きが長くなりましたが、このたびその『もやしもん』×『プレストンエール』のコラボレーションによる「もやしもんエール」が試飲できる「もやしもん忘年会2010」が12月18日、秋葉原で開催されることになりました。

試飲会や石川氏のサイン会なども開催されるのですが、JBJAのブースも置いていただけることになりました(パチパチパチ)!
そしてわたくし、石川氏への公開インタビューもさせていただきます。14時頃から壇上で、約45分程度を予定しています。
せっかくの機会なので、石川氏への質問があれば「ビアメイト」に登録の上ビアメイト掲示板へお書き込みいただくか、 noda@jbja.jpまでどしどしお寄せください。
*時間の都合上、すべての質問が採用できるわけでないこと、ご了承ください*

JBJAからは藤原、マイケル、事務局の大野、野田が会場におります。18日はどうぞ「もやしもんエール」飲みながら秋葉原でまったりかもされちゃってくださいませ!


もやしもん忘年会2010

秋葉原で、かもしかもされ――。
『もやしもん』は、とある農業大学を舞台にした、菌と人間たちが右往左往するマンガです。
世間はクリスマスムード満点。本来、そんな時間の流れをムシした『もやしもん』ですが、ファンへの感謝の意をこめて忘年会を開催します!
蔵から直送、出来立てほやほやのプレストンエール(地ビール)を味わってみませんか?
全国で初おろしの新作『ダークレッドエール』に、『もやしもんピルスナー』『もやしもんヴァイツェン』を販売いたします!
おこたでアイスもいいけれど、アキバでビールも最高!
お酒の飲めない人には、とってもあまーい、ビールをかもす前の麦汁のお湯割り(ノンアルコール)もご提供!
作者・石川雅之のサイン会、石川氏への公開インタビュー、『もやしもん』『純潔のマリア』の原画展、グッズ販売や「子供ひろば」などなどを予定。
サンタオリゼーのグラスやポスとカードなど、初お目見えの商品もあります。
12月18日(土)はアキバ・スクエアにあつまれ〜!

◆2010年12月18日(土) AM10:00~PM7:00
◆アキバ・スクエア 2階・屋内スペース
  JR秋葉原駅・電気街口より徒歩2分 アキバ・デッキ(歩行者デッキ)で直結。秋葉原UDX2階。

◆主催/(株)ホンダ産業  協力/(株)講談社、他
◆石川雅之HP、イブニングHPなどで、詳細は随時更新していきます。ご確認ください。

※イベント内容は予告なく変更する場合がございます。ご了承ください。
※未成年者の飲酒は法律で禁止されています。当日、身分証明書の提示を求める場合もございます。ご了承願います。

◆ビールの価格は、各約300mlで『ダークレッドエール』300円(税込)、
『ピルスナー』『ヴァイツェン』各400円(税込)
 麦ジュース 100円(税込)になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

003 野田 幾子

この記事を書いたひと

野田 幾子

ビアジャーナリスト/ビアアンバサダー

94年にベルギービール、96年に国産地ビールの美味しさに目ざめ、ビアアンバサダー活動を開始。2007年にビアバー・ビアパブムック『極上のビールを飲もう!』(エンターブレイン刊)の全体構成、執筆、編集を皮切りに、ほぼ毎年シリーズを刊行。雑誌でのクラフトビール特集の執筆/監修、共著、講習、イベント企画など多数。
食のキュレーションサイト「ippin」でクラフトビールキュレーターを務める。
http://r.gnavi.co.jp/ippin/curator/nodaikuko/

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。