[イベント]2010.12.20

ビールとワインの饗宴

12/12、西麻布の「エキュレ」で、ワインとビールの興味深いイベントがおこなわれた。

「エキュレ」は美食家であり料理評論家の来栖けい氏のレストラン。シェフはレカンやカンテサンスで腕を振るった後藤祐輔氏である。

今回のイベントは、料理一皿ごとにそれぞれワインとビールを合わせて提供しようという試みで、ワインは料理研究家でワインエキスパートの松見早枝子さん、ビールは藤原ヒロユキがセレクトした。

メニュー、ワインとビールのリストは以下の通り。

1.たまごとたまご(溶き卵に百合根やポルチーニが加えられ蒸し上げたものにトリフ入りスクランブルエッグとパルメジャーノチーズのムースが載る)
ビール:常陸野ネスト・バイツェン
ワイン:ブリュット トラディション
       
       
2.紅(シードルビネガーで締めた鯖。皮目を軽く炙る。ベリーと巨峰と和ハッカのソース)
ビール:ブルゴーニュ デ フランドル(輸入元池光エンタープライズ)   
ワイン:サンセール ルージュ

          

3.ホタテパン(ホタテの貝柱をローストした薄いパンで挟み、桜エビを散らす)
ビール:箕面ビール・スタウト  
ワイン:ビアンコ ジャンティー

         

4. 和洋折衷(フォアグラを細いパスタで巻き、揚げる。ソースはキノコ風味)
ビール:ブルックリン・ローカル2    
ワイン:ジュランソン セック キュベマリー
   

5.炭火焼(短角牛のロティ。コクのある赤ワインソース。付け合わせ焼き京野菜)   
ビール:プライズ オールドエール        
ワイン:コート ロティー
            

6. 120%ショコラ(濃厚な生チョコレートに板チョコが載り、ミルクのアイスが飾られたデザート)
ビール:博石館ビール・スーパービンテージ       
ワイン:マクバン デュ ジュラ
         

出席者は19人中17名がワインの輸入関係者やワイン愛好家。ビールはあまり飲まないという方も多かったが、日頃に飲むビールとは違った味わいに
「多くの種類のビールがあることに驚き、また ビールで料理の味も変わる事を初めて知り、とても勉強になりました」
「あらためてビールの奥の深さを知りました。この貴重な体験を機に、ビールを勉強しようかなと思っています」
「それにしても驚きました。脱帽です」などの声が上がった。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

001藤原 ヒロユキ

この記事を書いたひと

藤原 ヒロユキ

ビール評論家・イラストレーター

ビアジャーナリスト・ビール評論家・イラストレーター

1958年、大阪生まれ。大阪教育大学卒業後、中学教員を経てフリーのイラストレーターに。ビールを中心とした食文化に造詣が深く、日本ビアジャーナリスト協会代表として各種メディアで活躍中。ビールに関する各種資格を取得、国際ビアジャッジとしてワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル、チェコ・ターボルビアフェスなどの審査員も務める。日本外国特派員協会会員。ビアジャーナリストアカデミー学長。著書「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎刊)は台湾でも翻訳・出版されたベストセラー。近著「BEER HAND BOOK」(ステレオサウンド刊)、「ビールはゆっくり飲みなさい」(日経出版社)が大好評発売中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。