[イベント]2012.12.26

ブラック セゾン~ベルギー&アメリカの人気醸造所コラボレーション

グリーンフラッシュ醸造所サンフーヤン醸造所ブラックセゾンベルギービール

サンフーヤン醸造所の限定商品。
以前から親交のあった、アメリカ・サンディエゴの人気ブリュワリー、「グリーンフラッシュ醸造所」の醸造責任者Chuck Silva氏とベルギーのサン・フーヤン醸造所の醸造責任者Alexis Briol 氏が共同でレシピを開発。

ベルギー伝統の「セゾンビール」とアメリカで人気の「オートミールスタウト」のハイブリッドビール。
通常の麦芽に加え、オート麦を使用、ホップはヨーロッパとアメリカのものを2種、酵母はベルギーのもの、スパイスも使用しています。
ベルギー、アメリカそれぞれの醸造設備、原料、水で仕込んでいるため、グリーンフラッシュ醸造所で造られたものよりもアルコール度数が高く、ラベルも異なっています。

とても濃いダークブラウン。
モルトからのチョコレートやコーヒーのような香り、オランジェットやブラックチェリーのような甘くフルーティーな香り、ミントや甘草のような香りもあります。

色から想像するよりドライな味わいで苦味もしっかりしています。スパイシーで酸味もあり、喉越しの良い味わいです。
余韻に心地よい苦味が長く続きます。

人気醸造所の大陸を超えたコラボレーションブリュー、おそらく今回限りの輸入となるようです。
この機会にぜひ。

⇒ブラックセゾン330ml


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

この記事を書いたひと

三輪 一記

一般財団法人 日本ベルギービール・プロフェッショナル協会 代表理事

1967年、名古屋市生まれ。
1990年、関西大学商学部卒業。26歳のときにベルギービールと出会い、以来ベルギービールを愛し、仕事でというよりライフワークとしてベルギービール普及に情熱を傾け、毎年ベルギーを訪れている。
2001年よりベルギービールに関する講座、セミナー活動をスタート。
2008年より愛知大学、愛知淑徳大学等でベルギービール講座開講。
「ベルギービールを通じて日本とベルギーの架け橋に」というコンセプトのもと、
講演やセミナーにも積極的に取り組んでいる。
共著に『ベルギービール大全』(三輪一記+石黒謙吾/アートン)、
『ベルギービール大全<新>』(三輪一記+石黒謙吾/アスペクト)。
一般財団法人 日本ベルギービール・プロフェッショナル協会 代表理事。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。