[イベント,ビアバー]2013.1.17

1/18(金)大阪中百舌鳥「エニブリュ」で「101杯目のクラフトビール」

大阪中百舌鳥の「CRAFT BEER DINING eni-bru[エニブリュ]」で「101杯目のクラフトビール」というイベントが行われます。

『これまで100杯のクラフトビールを飲んだことのある方にも、この1杯は飲みたいと思って頂けるビールを集める』をコンセプトに“ビールがなくなるまで”開催されます。

以下、インフォメーションです。

店長・森が、いや親方・西尾も、いやいやeni-bruスタッフ全員が飲んだことのないビールばかり揃うんですから、クラフトビールファンを自認するアナタにはこのビールを飲んで頂きたい!
そんな思いでラインナップいたしました!

これまで100杯のクラフトビールを飲んだことのある方にも、この1杯は飲みたいと思って頂けるビールを集める、1月の企画「101杯目のクラフトビール」。

★101杯目のクラフトビール~ビアスタイルって何だ?★
開催/2013年1月18日(金)~ビールがなくなるまで

▼入荷ビールはこちら!

●「マッド・ライ・エール」(麦雑穀工房マイクロブルワリー/埼玉)
▼ビアスタイル「オリジナルスタイル・ライ・エール」
“腹黒い”といわれる堺にあるビアパブの店長さんのイメージで造られたビール。
真っ黒な色合いながらちょっとI.P.Aっぽくもあり、ライ麦を使用したやさしい甘さもあり。とにかく複雑な味わいをやさしくまとめあげたビールです。

●「バナツェン」(一乗寺ブリュワリー/京都)
▼ビアスタイル「フルーツ・ウィート・ビール」
バナナのような香りが泡から漂うと表現されるヴァイツェンに、果物のバナナを入れちゃった、素材感たっぷりのビールです。

●「新S.O.B.A」(志賀高原ビール/長野)
▼ビアスタイル「オリジナルスタイル・セゾン」
収穫したての新蕎麦(無農薬・有機栽培の自家栽培)を使用して、セゾン酵母で仕上げた蕎麦のビール。
Shiga-kogen Original Buckwheat AleでS.O.B.Aです。

●「ダーク・マイルド」(ロコビア/千葉)
▼ビアスタイル「イングリッシュスタイル・ブラウン・エール」もしくは「マイルド」
アルコールが3.7%前後とかなり低めで、新年会で飲み過ぎた翌日などにも飲めるビール。
麦芽の旨みを感じる、やさしいやさしいビールです。

●「4CATSパンチングポーター」(麦雑穀工房マイクロブルワリー/埼玉)
▼ビアスタイル「オリジナルスタイル・ポーター」
ホップをたっぷりと使用した軽めの黒ビールです。使用したホップはCascadeカスケード、Amarilloアマリロ、Topazトパーズ、Stellaステラ…とよくみると頭文字がCATSなんです。
やっぱり猫が好き…

●「ラオホ・ヴァイツェン・ボック」(湘南ビール/神奈川)
▼ビアスタイル「その他スモーク・ビール」
アルコール度数7%とちょっと厚めのボディに、スモーク感の漂うヴァイツェン・ボック。
小麦ビールの口当たりのやさしさはあるものの、燻製麦芽で味わい深く。

●「メイテル」(伊勢角屋麦酒/三重)
▼ビアスタイル「スペシャルティ・ハニー・ビール」
和テイストなあられ玄米を使用したオリジナルビールに、メイプルシュガーを使用。
和風なあられの香り+洋風なメイプルのやさしい甘み。

●「インディア・ブラウン・エール」(ノースアイランド・ビール/北海道)
▼ビアスタイル「ストロング・ブラウン・エール」
I.P.A(インディア・ペール・エール)とかI.B.A(インディア・ブラック・エール)というビールは存在するのですが、“インディア・ブラウン・エール”は初めて!

●「黒米ビール」(御殿場高原ビール/静岡)
▼ビアスタイル「フリースタイル・ライト・ラガー」
飲みやすいラガータイプのビールに黒米(くろごめ)を使用したビール。
色合いは黒米の色合いが表現されるものの、香ばしさはなくスッキリ飲める仕上がりに。

●「ビター・ラガー」
(アウトサイダー・ブルーイング/山梨)
▼ビアスタイル「フリースタイル・ラガー」
“酵母の魔術師”の異名をとる丹羽氏のこだわりが随所に感じられる、度数6%というしっかりとしたラガータイプ。
口中に広がるホップの苦みそして麦芽の味わいなど、今までには体験したことがありません。

日本ビアジャーナリスト協会 フェイスブック
http://www.facebook.com/JBJA.jp
上のURLをポチッとして、開いたJBJAページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。
よろしくお願いします!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

001藤原 ヒロユキ

この記事を書いたひと

藤原 ヒロユキ

ビール評論家・イラストレーター

ビアジャーナリスト・ビール評論家・イラストレーター

1958年、大阪生まれ。大阪教育大学卒業後、中学教員を経てフリーのイラストレーターに。ビールを中心とした食文化に造詣が深く、日本ビアジャーナリスト協会代表として各種メディアで活躍中。ビールに関する各種資格を取得、国際ビアジャッジとしてワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル、チェコ・ターボルビアフェスなどの審査員も務める。日本外国特派員協会会員。ビアジャーナリストアカデミー学長。著書「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎刊)は台湾でも翻訳・出版されたベストセラー。近著「BEER HAND BOOK」(ステレオサウンド刊)、「ビールはゆっくり飲みなさい」(日経出版社)が大好評発売中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。