[イベント]2013.1.23

ホットビールのおいしい飲み方

グリュークリークベルギービールホットビールリーフマンス

冬と言えば・・・「ホット・ビール!!!!!」
というくらい、毎年大人気の「リーフマンス・グリュークリーク」。
リーフマンス・グリュークリークって・・・??

ホットビール。
昔、ビール通が好んで飲んだ冬のビールを再現した、醸造所の自信作です。
煮沸時に90℃まで温度を上げて12時間。
その間にスパイスを投入します。
スパイスはアニス、シナモン、クローヴの3種類です。

その後、スタンダードのクリークとブレンドされます。
温度の低い時にはスパイスのシャープな香りが際立っていますが、温度が高くなるにつれスパイスとクリークの香りがバランスよくまとまります。
50~60℃が最適。

そこでっ・・・

今回はおいしい飲み方をご紹介いたします。

①用意するものは、コンロ・おなべ・チロリ・温度計
※後ろに映っているオリーブはおつまみです♪

え?今から熱燗(日本酒)をつくるの?・・・?? ← 違います(^^;)ビールです。

② お鍋にお水をいれ、ちろりにリーフマンス・グリュークリークを
8分目弱ほど注ぎます。

③ そしてガスコンロの火をつけて、温度が上がるのを待ちます。
大体の目安は50度くらいで火を止めると、50~55度ちょいくらいの
程よい温かさでお飲みいただけます。

※このくらい(右)になると、やさしいクリークのかおりがしてまいります(○´∀`○)ポ

④ ちょうどいい温度になったら、耐熱グラスに注ぎ~

写真は専用グラス(耐熱)です!

⑤ おいしい「リーフマンス・グリュークリーク」の完成です(^^)/

冬のこの時期限定のホットビール。
とーーーーってもあったまります。

⇒ネタ元はこちらです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

この記事を書いたひと

三輪 一記

一般財団法人 日本ベルギービール・プロフェッショナル協会 代表理事

1967年、名古屋市生まれ。
1990年、関西大学商学部卒業。26歳のときにベルギービールと出会い、以来ベルギービールを愛し、仕事でというよりライフワークとしてベルギービール普及に情熱を傾け、毎年ベルギーを訪れている。
2001年よりベルギービールに関する講座、セミナー活動をスタート。
2008年より愛知大学、愛知淑徳大学等でベルギービール講座開講。
「ベルギービールを通じて日本とベルギーの架け橋に」というコンセプトのもと、
講演やセミナーにも積極的に取り組んでいる。
共著に『ベルギービール大全』(三輪一記+石黒謙吾/アートン)、
『ベルギービール大全<新>』(三輪一記+石黒謙吾/アスペクト)。
一般財団法人 日本ベルギービール・プロフェッショナル協会 代表理事。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。