[イベント]2011.1.5

とにかく大きいほうが美味しいビッグボトル

ビッグボトルベルギービールマグナム

新年あけましておめでとうございます。
今年もベルギービールに関するコラム(52回)を頑張って続けていきたいと思います。
お付き合いどうぞよろしくお願いいたします。

ビッグボトル

年始は毎年恒例、大学時代の同期との新年会で大阪へ。
(もう卒業して20年が経つのに毎年続いているんです)
そんなときに大活躍するのが「とにかく大きいほうが美味しい(笑)」と言われるビッグボトルのベルギービール。

その理由として考えられることに、熟成(酸化)のスピードがあります。
たとえば330mlのボトルも、750mlのボトルも、1500mlのマグナムボトルも瓶の口の大きさはそれほどは変わりません。
しかし当たり前のことですがその下に入っているビールの量はかなり違ってきます。

ということは瓶の口の部分でビールが空気と触れる量がものすごく違ってくるわけです。
大きい瓶のほうが小さい瓶よりも時間をかけてゆっくりと熟成(酸化)するため、「とにかく大きいほうが美味しい」となるわけです。

また大きい瓶のほうがビールの液量が多いため、光や温度による影響を受けにくいこともあります。

マグナムより大きなサイズにはこんな名前がついています。

・Jeroboam(ジェロボアム)3000ml
・Rehoboam(レオボアム)4500ml
・Methuselah(マチュザレム)6000ml
・Salmanazar(サルマナザール)9000ml

年始などの大勢の人が集まる機会があればぜひビッグボトルを。
こんなときこそ「とにかく大きいほうが美味しい」ビッグボトルを試す絶好のチャンスです。
1.5リットルから9リットルまで人数に合わせてどうぞ~!

ビッグボトルのご紹介はこちらです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

この記事を書いたひと

三輪 一記

一般財団法人 日本ベルギービール・プロフェッショナル協会 代表理事

1967年、名古屋市生まれ。
1990年、関西大学商学部卒業。26歳のときにベルギービールと出会い、以来ベルギービールを愛し、仕事でというよりライフワークとしてベルギービール普及に情熱を傾け、毎年ベルギーを訪れている。
2001年よりベルギービールに関する講座、セミナー活動をスタート。
2008年より愛知大学、愛知淑徳大学等でベルギービール講座開講。
「ベルギービールを通じて日本とベルギーの架け橋に」というコンセプトのもと、
講演やセミナーにも積極的に取り組んでいる。
共著に『ベルギービール大全』(三輪一記+石黒謙吾/アートン)、
『ベルギービール大全<新>』(三輪一記+石黒謙吾/アスペクト)。
一般財団法人 日本ベルギービール・プロフェッショナル協会 代表理事。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。