[イベント]2013.3.20

ベルギービールウィークエンド2013記者発表会

BJA1期生の富江弘幸です。

この度、ここで記事を書かせていただけることになりましたので、「ベルギービールウィークエンド2013」の記者発表会及びビールテイスティング(3月19日、ベルギー大使館)について、簡単にレポートしたいと思います。

ベルギービールウィークエンド2013記者発表会

名誉実行委員長のリュック・リーバウト駐日ベルギー王国大使と小西新太郎実行委員長

今年で4回目となる「ベルギービールウィークエンド」は、昨年の名古屋、大阪、東京の3都市に横浜と福岡を加えた5都市で開催。開催期間は、名古屋と東京が過去最長の11日間となり、5都市合計で37日間。総来場者数は15万人を見込んでいます。各開催期間は下記の通りです。

・名古屋(久屋大通公園):4月26日(金)〜5月6日(月)
・横浜(山下公園):5月15日(水)〜19日(日)
・大阪(新梅田シティ):6月5日(水)〜9日(日)
・福岡(天神中央公園):7月24日(水)〜28日(日)
・東京(六本木ヒルズアリーナ):9月6日(金)〜16日(月)

ベルギービールウィークエンドの公式サイトはこちら

気になるビールの種類は、今年初登場の28種類を含めた97種類。ベルギービールウィークエンドは多彩なビールとともにベルギーの料理と音楽を楽しめるイベントですが、今回の記者発表で強調されていたのがビールと料理のペアリング。例えば、下記のような組み合わせです。

「シメイ・レッド」とガンダハムのケークサレ

「シメイ・レッド」とガンダハムのケークサレ

「リーフマン」などのフルーツビールとイチゴのクレーム・ド・ショコラ

「リーフマン」などのフルーツビールとイチゴのクレーム・ド・ショコラ 

他にも、「サンフーヤン・セゾン」とサンフーヤンのチーズとミニサンドイッチ、といったペアリングが提案されていました。

会場では、ベルギーを代表するフリッツやワッフル、ブーレット(ベルギーミートボールのトマト煮込み)など、様々な料理が食べられる予定です。ビールと料理をどう合わせるか、いろいろと組み合わせを考えながら楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

——————
私は、出版社や編集プロダクションで、旅・料理・教育など様々な分野の雑誌・書籍に関わってきたライター・編集者です。ビールの分野にも活動を広げていきたいと考え、BJAを受講しました。今後もビールに関するレポートを書いていきますので、よろしくお願いいたします!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアジャーナリスト

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、英字新聞社ジャパンタイムズに勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。