[イベント]2011.1.25

飲む順番ービールの種類

生まれて初めて寿司屋のカウンターに座ったのは
23,4歳頃だっただろうか。
何か頼んでいいやら戸惑ったし緊張した。
自分にレギュレーションというか尺度というか
いわゆる「型」みたいなものがなかったから。
今なら、まずは貝と光り物、次に赤身と鯛とか
まあ自分なりに心地よい順番がある程度固まっていて
あとはその時のお腹の調子、相手などの状況で若干アレンジ。
よく、マニュアル本に「まずは玉子から」とかあるが
僕はほとんど気にせずあくまで自己流。

これと同じことがビールでもありますね。
そもそも昔は、日本のビールは銘柄=メーカー名
というテイだったので、お店では選ぶも何も、
いったんビールにしたらずっと同じもの。
それはそれでおいしかったけど、
世の中においしいビールがたくさん流通し始めると
家でも店でも、一回に飲む時、極力いろいろな銘柄を飲むようになった。
もちろん、ベルギービールとの出会いが大きいのだが。

今では、家に買って帰る時は、違う種類のものを1本づつ何本か買う。
この時は、よりライトボディなものを先に。
これ、スタンダードでしょう。
しかし、初めて飲む銘柄の場合は、最初に飲む。
味がはっきりわかるので。

お店では、何がおいてあるかをまず俯瞰して考え、
その日に飲むであろう本数(杯数)を想定。
そしてたとえば5本(杯)はいくなと思ったら
似た味が続かないように、ジグザグなイメージで頼んでいきます。

基本は、なんとなくライト系からフル系へ。
ベルギービールだと一概にそうでもないかな。
50歳近くになって、最後は再びライトなもので締めることが多くなった。

まさか、ベルギービール屋で、
オルヴァルだけ5本飲んで帰る人はいないと思うが(笑)
やはりバリエーションを楽しむのが
いけてる大人のビールライフだと思うのです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

002石黒 謙吾

この記事を書いたひと

石黒 謙吾

著述家・編集者・日本ベルギービールプロフェッショナル協会 理事

1961年 金沢市生まれ。
映画化されたベストセラー『盲導犬クイールの一生』、『2択思考』『分類脳で地アタマが良くなる』『ダジャレヌーヴォー』『エア新書』『CQ判定 常識力テスト』など著書多数。三輪一記氏と共著に『ベルギービール大全』『ベルギービール大全<新>』がある。プロデュース・編集した書籍も、『ジワジワ来る○○』シリーズ(片岡K)、『ナガオカケンメイの考え』(ナガオカケンメイ)、『負け美女』(犬山紙子)、『読む餃子』(パラダイス山元)、『ネコの吸い方』(坂本美雨)、『純喫茶へ、1000軒』(難波里奈)、『凄い! ジオラマ』(情景師アラーキー)など、ジャンル多彩に200冊以上。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。