[イベント]2011.2.1

良薬は口に苦しーホップはどうなんだろう?

先週体調すぐれず4日アルコールを抜いた。
特に目がかすみ、眩暈がしたり。
健康オタクで漢方的食生活を心がける僕としては
これは明らかに肝臓と腎臓のパワー不足、と察知。

初のチャレンジ<杞菊地黄丸>という漢方薬の服用でじわっと治り気味に。
これ、練り状のビー玉みたいなもので
かじってお湯で流し込むように摂ったのだが、
苦みと酸味と甘味が混ざった味で、
前もって言われていたほどまずくなかった。

さらに、あるブログ読んだきっかけで
前々から構想にあった<春ウコン>を飲み始めた。
(アルコール対策だけなら秋ウコンがいいとされてますが)
錠剤より粉末が断然安いので続けたいのでそちらで。
ただし、半端ない苦さだからオブラートを使うのがお奨めですと業者さん。
ところが、お湯に1グラム溶いて飲んだら全然平気。

たぶん、僕自身、苦さに対して強いんだと思う。
というか好き?(笑)
そこで考えた。
僕が他のお酒より断然ビールが好きなのはやはりホップなんだと。
そういえば、ビールは抗がん作用の効果もあるという説もある。
たしかに、あの形状ってなんとなく薬草っぽいではないか!

そうだ!
ビールは限りなく薬に近いものだ!
と思い込むようにして、土曜日は、
アジアカップ観戦の前に<ブルックリンラガー>と<ネグラモデロ>を飲んだ。
苦さがたまらなかったよ。
ぷはー!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

002石黒 謙吾

この記事を書いたひと

石黒 謙吾

著述家・編集者・日本ベルギービールプロフェッショナル協会 理事

1961年 金沢市生まれ。
映画化されたベストセラー『盲導犬クイールの一生』、『2択思考』『分類脳で地アタマが良くなる』『ダジャレヌーヴォー』『エア新書』『CQ判定 常識力テスト』など著書多数。三輪一記氏と共著に『ベルギービール大全』『ベルギービール大全<新>』がある。プロデュース・編集した書籍も、『ジワジワ来る○○』シリーズ(片岡K)、『ナガオカケンメイの考え』(ナガオカケンメイ)、『負け美女』(犬山紙子)、『読む餃子』(パラダイス山元)、『ネコの吸い方』(坂本美雨)、『純喫茶へ、1000軒』(難波里奈)、『凄い! ジオラマ』(情景師アラーキー)など、ジャンル多彩に200冊以上。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。