[イベント]2011.2.7

チョコレートビール

 先日、スイーツ好きの男性が「この時期、チョコレート売り場に近づきづらいんですよ」と言っていた。「女性客ばかりで。男が一人で買いに行くと『こいつ、かわいそうな奴?』って目で見られてるようで…」と。
 バレンタインデーに女性が男性にチョコレートを贈る風習は、日本のチョコレートメーカーが仕掛けたと言われている日本固有の風習である。海外では男女問わず贈り物を交換する風習で、プレゼントの一つとしてチョコレートもアリかなぁって程度だ。
 本命チョコとか義理チョコなんてのの他に、最近では自分へのご褒美チョコなんてのもあるらしく、チョコレート業界はかき入れ時といった感じである。
 そして、我がビール業界も負けじとばかりチョコレートビールの季節がやってきた。大手メーカーでは、サッポロビールとロイズのコラボレーションによって生まれたショコラブルワリーが秀逸だ。ビターとスイートの2種類が楽しめる。

 もっとも、このチョコレートビール、アメリカではバレンタインデーとは関係なく大人気の商品である。
 2010年シカゴでおこなわれたワールドビアカップではチョコレートビール部門に130銘柄以上がエントリーされた。
 また、同時期におこなわれたカンファレンスでも、チョコレートビールの会議場は超満員だった。出席者はすでにチョコレートビールを醸造しているブルワー達で「うちはカカオパウダーを使っているんだが~」「私のブルワリーではリキッドを使っているが~」といった具体的な話が飛び交っていた。

 日本でチョコレートビールの火付け役といえば「サンクトガーレン」である。(なんと、サイトからの販売分はすでに売り切れという人気だが、酒販店などで買うことが出来る。)
 他にもたくさんのチョコレートビールが販売されているので、チェックしてみてはいかだろうか。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

001藤原 ヒロユキ

この記事を書いたひと

藤原 ヒロユキ

ビール評論家・イラストレーター

ビアジャーナリスト・ビール評論家・イラストレーター

1958年、大阪生まれ。大阪教育大学卒業後、中学教員を経てフリーのイラストレーターに。ビールを中心とした食文化に造詣が深く、日本ビアジャーナリスト協会代表として各種メディアで活躍中。ビールに関する各種資格を取得、国際ビアジャッジとしてワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル、チェコ・ターボルビアフェスなどの審査員も務める。日本外国特派員協会会員。ビアジャーナリストアカデミー学長。著書「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎刊)は台湾でも翻訳・出版されたベストセラー。近著「BEER HAND BOOK」(ステレオサウンド刊)、「ビールはゆっくり飲みなさい」(日経出版社)が大好評発売中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。