[イベント,テイスティング,ビアバー]2013.6.18

サンフーヤン×グリーンフラッシュ コラボビール情報

グリーンフラッシュ醸造所サンフーヤン醸造所ブラッセルズベルギービール

BJA1期生の富江弘幸です。先日の「ブラッセルズ大手町サンフーヤン・パーティーレポート」で、グリーンフラッシュ醸造所との新作コラボレーションビールについて簡単に紹介しましたが、新しい情報を入手したのでレポートします。

ビールの名称は「ビエール ドゥ ラミティエ(Bière de L’Amitié)」。「L’Amitié」とはフランス語で「友情」という意味。サンフーヤン醸造所とグリーンフラッシュ醸造所の友情ビールといったところです。

ビエール ドゥ ラミティエ(Bière de L’Amitié)

ビエール ドゥ ラミティエ(Bière de L’Amitié)のラベルデザイン

このビールは、2010年にリリースされたコラボレーション第1弾を復刻したもの。サンフーヤンのAlexis Briol氏とグリーンフラッシュのChuck Siliva氏が、サンフーヤンの伝統とグリーンフラッシュの最先端で革新的な醸造技術を見事に調和させています。第2弾は、2012年に日本にも輸入された「サンフーヤンブラックセゾン フレンドシップブリュー」です。

「ビエール ドゥ ラミティエ」は、はっきり決まったスタイルはないようですが、ベルジャンスタイルのブロンドエールで、大麦の他に小麦とライ麦を使用、酵母はサンフーヤン醸造所のベルジャン酵母を使っています。ホップにはベルギーではあまり使われないアマリロを使用し、その他にはいくつか秘密のスパイスを使っているとのこと。先日、一口飲んだ印象ではすごく飲みやすかったのですが、アルコール度数は9.5%。飲み過ぎると大変なことになりそうです。

第1弾の「ビエール ドゥ ラミティエ」は醸造量が少なくすぐ売り切れてしまい、復刻・再醸造したもので、ブラッセルズでは今回1度限りの入荷になる可能性が高いとのことです。限定入荷の樽と大瓶が7月上旬頃にブラッセルズでリリース予定ですので、飲み逃しなく!

【サンフーヤンとグリーンフラッシュ コラボビール ヒストリー】
2010年 「ビエールドゥラミティエ」
2012年 「サンフーヤンブラックセゾン、フレンドシップブリュー」
2013年 「ビエールドゥラミティエ」復刻限定醸造(7月入荷予定)
2013年 コラボIPAビールを醸造予定(詳細はまた後日!)

 

日本ビアジャーナリスト協会 フェイスブック
http://www.facebook.com/JBJA.jp
上のURLをポチッとして、開いたJBJAページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。
よろしくお願いします!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアジャーナリスト

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、英字新聞社ジャパンタイムズに勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。