[イベント]2011.2.14

チョコレートビールはビール? それとも発泡酒?

 先週、チョコレートビールについて書いたが、その続き。
 なんてったって、本日がバレンタインデー当日ですからね。

 さてさて、このチョコレートビール(チョコレートとビールの関係)だが、大きく分けて3つのパターンがあることを御存知だろうか? 
 それは、
①「麦芽の配合によってチョコレートのような風味に仕上げたビール」
②「材料にチョコレートやカカオを使っているビール」
③「チョコレートとペアリングする(一緒に食べる)と絶品のビール」
の3つである。

 ①つ目は「サンクトガーレン」のインペリアルチョコレートスタウト、②つ目は島根地ビール・ビアへるん 「ショコラNo.7」、③つ目はマルール・ダークブリュットなどがあげられる。

 そして、この中で問題になってくるのが①と②の違いである。
 実は、日本の酒税法では①は「ビール」で、②は「発泡酒」の扱いになるのだ。

 それは、日本の酒税法では「認められる原料以外のものを使ったもの」は「発泡酒」となるからである。チョコレートやカカオは認められていないため、ほんのちょっとでも使えば「発泡酒」になってしまう。

 しかし、多くのチョコレートビールは麦芽率が66.7%以上(チョコレートやカカオは微量なので著しく麦芽100%)なので税金はビールと同じく1リットルあたり222円を取られている。
 これはフルーツビールやスパイスビールの場合も同じであり、チェリーを使ったランビック・クリーク、コリアンダーなどのスパイスを使ったホワイトエールも日本では「発泡酒」と表示されている。
 すべての「発泡酒」が「麦芽率が低いため発泡酒になったもの(酒税が安い)」ではなく、「麦芽率が高いが副原料によって発泡酒になったもの(酒税が高い)」もあることを憶えておきたい。

 ところで、この「認められている原料」とは何か? 
 それは、麦芽・ホップ・水・麦・米・とうもろこし・こうりゃん・ばれいしょ・でんぷん・糖類・カラメルである。
 なぜこれらのものが認められていて、フルーツやスパイスやチョコレートが認められていないのか? その根拠はまったく不明であり、まったく馬鹿げた法律である。
 長きにわたるビールの歴史を紐解くと、むしろ、スパイスやハーブやフルーツのほうが米やとうもろこしやじゃがいもよりも古くから使われている正統な原料だ。
 そして、現在の世界的ビールシーンを眺めると、フルーツやハーブやチョコレートはもちろん、さまざまなフレーバーのビールが生まれてきている。

 副原料に対して「認められる」とか「認められない」という発想自体がすでにナンセンスであり、それによってビールの領域を狭めたり表示を変えたりすることこそ、「日本の酒税法はビールに対して”無知”だ」という逆説的証明になっていると言っていい。 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

001藤原 ヒロユキ

この記事を書いたひと

藤原 ヒロユキ

ビール評論家・イラストレーター

ビアジャーナリスト・ビール評論家・イラストレーター

1958年、大阪生まれ。大阪教育大学卒業後、中学教員を経てフリーのイラストレーターに。ビールを中心とした食文化に造詣が深く、日本ビアジャーナリスト協会代表として各種メディアで活躍中。ビールに関する各種資格を取得、国際ビアジャッジとしてワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル、チェコ・ターボルビアフェスなどの審査員も務める。日本外国特派員協会会員。ビアジャーナリストアカデミー学長。著書「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎刊)は台湾でも翻訳・出版されたベストセラー。近著「BEER HAND BOOK」(ステレオサウンド刊)、「ビールはゆっくり飲みなさい」(日経出版社)が大好評発売中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちちよりお問い合わせください。